FC2ブログ

”Nowhere Man”にならないために

みなさまこんばんは。
お元気でしょうか?
ポールのコンサートも佳境に入ってきましたね。

今日は”Nowhere Man”にならないための考え方を提案します。
--------------------------------------------------------------------
ここ半年くらい一人多重録音にかなり傾倒しました。
いろんなことを試みました。
中でもハーモニーはたくさんやりました。
ビートルズのハーモニーにおいては特にジョンのパートが素晴らしく、彼のすごさを改めて感じました。
本当に惜しい人を亡くしたと、悔やんでも悔やみ切れません。

ビートルズの中期の名曲”Nowhere Man”はジョンのいろいろな才能が凝縮されていると思います。
世にも美しい3部のハーモニーです。
そしてこの題材と詞の内容ですね。

邦題は「ひとりぼっちのあいつ」です。
悪い訳ではありませんが、本当はもう少し深遠な意味があると思います。
Nowhere、すなわち、彼はどこにも居場所がない、生きていける所はない奴だ、ということだと思います。

ところでnowhereにはこの曲のように形容詞的に使う用法はそもそもあるのでしょうか?
そこで由緒正しい英英辞典であるThe Concise Oxford Dictionaryで調べてみました。
それによるとnowhereは副詞(adv.)しか書かれていません。
となるとジョンの造語ということでしょうか。
いずれにしてもなかなか粋な使い方だと思います。

そしてジョンの詞では最後にこう言います。”Isn’t he a bit like you and me?”
「奴は僕らにもちょっと似てないだろうか?」と自戒を込めた歌でもあったと思います。

さてさて、ジョンのイメージした”Nowhere Man”は独りよがりで他人とは共存できない人間です。
ではどうしたら”Nowhere Man”にならなくて済むのでしょうか。

私の少し前の記事で「確信犯」という言葉について考えました。
”Nowhere Man”こそ確信犯ではないでしょうか? 本来の意味での確信犯です。
「自分こそが正しい人間だ」と思っている。
自分の考える軸と正しいことがそのまま世の中で適用されるはずだ、と思っているのです。
”Nowhere Man”は自らをまじめで正しい人間だと思っています。そしてたいていは正論的なことを言います。

Nowhere Manの正論に対し人々は様々な応答を示します。
中にはピッタリ期待通りの応答をし行動を示す人もいますが、たいていは少しまたは大きくずれた対応をします。
するとNowhere Manは「あいつはダメなやつだなあ」となります。
たまに意気投合する相手が現れて少しの期間よい関係が続きますが、すぐに「あいつはダメだ」と言い出し、相手をメガティヴ評価に落し込みます。

なぜこんなことになるのか考えてみましょう。
一言で言うとNowhere Manは自分を客観的に見られません。
自分の信ずる正論は実は自分一人にしか関わっておらず、全然人とは有機的に絡み合っていなかったのです。
全く孤立した状態でした。

では世の中で生きていくにはどうであるべきでしょうか。
人々をお互いに助け、世の中に貢献するには自らを人々の輪に取り込まなくてはいけません。
自分が世の中でいろんな人に、しかも多様に助けられてこそ生きていけることを気付くべきです。

人との関係を築く。しかも多様な人との関係を築く。
どうすればいいのでしょうか?
大事なことは「絶対的な規範」などはないのです。
もちろんある程度の常識的なことはあります。
でも、人との関わり合いは「相対的」なものです。
Aという人とBという人の関わり合いは他にはありません。

Nowhere Manが独りよがりの絶対的規範から相対的・多様的な人との関係を築くには、一度関わる人たちを完全に丸飲みするのがよいと思います。
良いも悪いも好きも嫌いも、まずは全部丸飲みにする。
そして、もがいてもがいて自分の存在を全体の中から悟る。
こうしてようやく世の中で正しく生きる自分の存在(=アイデンティティ)の確立です。

以上の考え方を図にしてみます。下記ご覧ください。



一つの考え方の紹介でした。

ビートルズ”Nowhere Man”のオリジナルはコチラ
スポンサーサイト



テーマ : 生きること
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
昨夜はお疲れさまでした。
ご体調はバッチリですか?
では今日も快発進でお願いします。

こんにちは

NowhereManからここまで深く読み取ることができるってすごいですね。

これとは関係ないかもしれませんが、映画で「ノーウェア・ボーイ」という、ジョン・レノンの青年期を描いた映画があります。

ご存知だったらすみません。

ではお邪魔しました。

こんばんは^^

自分の考えを、きちんと図に表せるなんてスゴイです!
私はこういうの全然ダメだから、本当に尊敬のまなざしe-420

あと、字が上手ですね~e-267
ざっと書いたのでしょうが、達筆なのが分かります。
字が上手な人にも憧れます。

ほんとスゴイ!!^^

No title

こんばんは。

考え方の図、面白かったです。
趣旨と関係ないかもしれないですが、世界が三角形、自分だけの世界も三角形。そこがひねっていておもしろかったです。

Nowhere Man、職場にたくさんいる気がします。文章で読むととても納得します。

 
英語についてもどうやって取得したのか機会があったら聞きたいです。
日本語だけの世界より英語を使う世界を持てたら視野が本当に広くもてると思います。
 
すごいです、やっぱり。

PHiRoさん

こんばんは。
コメントありがとうございました! うれしいです。
PHiRoさんもビートルズとかジョンお好きのようですね(?)
今回の記事は果たしてどこまで正解かわかりませんが、僕なりに掘り下げて考えてみました。
「ノーウェア・ボーイ」は観てみたいですが、なかなか機会なくて。
あっ、それからスピッツの件、いろんな人に聞いてみました。
そしたら年齢により随分知っているかどうかは変わってくるようですよ。
30代までなら知らない人はほとんどいませんでしたが、50代ともなると知らない人の方が多かったでした。
ちなみに僕は56歳です。PHiRoさんのお父さん世代ですね。
でも歳のせいにしちゃいかん。
PHiRoさんがそこまで言うスピッツ。しっかり聴いてみようかな。

ももこさん

こんばんは。
今週の滑り出しいかがですか?
僕はいろいろありますが、まあまあでしょうか。
いよいよ明後日はポールに会いに行ってきます。

ありがとうございます。
いやいや、大したことないですよ。
こんな下手な字ですよ!
ももこさんこそ達筆ではないですか。
僕は野獣です(笑)

シロさん

こんばんは。
ありがたいコメント、うれしいです!

そうですね、三角形。
僕はですね、人と人との関わり合いって、体育祭のあの「ピラミッド組体操」をイメージします。
自分が世界(=三角)で生きるには自分は三角の一部だと。
人に力を及ぼし人から力をいただかないと生きていけない。
自分がピラミッドの中のどの部分なら生きていけるのかも、やってみないとわからないですよね。

英語ですね。
僕は何十年も外資系に勤めてきて、外国人と渡り歩いた経験も影響しているように思います。
いずれにしても、英語と日本語の対照の世界、かなりおもしろいですよ。
シロさんもぜひやってみて!

随分時が経ってのコメですいません

初めまして。
ボクは敢えて邦題を付けるなら『役立たずのアイツ』と付けたいです。
世間一般では『アイツは何の役にもたたんヤツや』といわれる事があると思います。
けど、誰であれその人の能力が発揮出来る場所があるはずなんですよね。
で、本文でも触れてはるけど、『ひとりぼっちの、役立たずのアイツって、俺自身なんだよ。』とジョンが言ってる様にずっと思ってました。
ビートルズに名曲と言われる曲は多数あっていずれも甲乙付け難いですが、この曲はボクにとって1.2を争う位大好きな曲です。

ともやんさん

はじめまして。こんばんは。
当ブログにおいでいただきましてどうもありがとうございます。
過去記事にコメントをいただけて、とてもうれしいです。
僕自身、この記事を書いたことを忘れていました。

『役立たずのアイツ』ですか。なかなかいい邦題だと思います。
そしてジョンも自分自身に向けた歌でもあるという訳ですね。

僕自身もこの歌を聴いて多いに反省したものです。
そして、なんと言っても、おっしゃるようにとても名曲ですね。

No title

こんにちわ、お邪魔します。
nowhereと言う語、歌詞では、形容詞になっている様に思います。
形容詞での意味は、having no prospect of progress or success で、
見込みがないと言う様な意味なのかな、と。
この曲、ジョン・レノンが作曲に行き詰まった挙句に思い付いたもの、
と言うことなので、
その状況をそのまま歌にしたのではないかと思うのですが?? 

では、失礼しました。

ノエルかえるさん

おはようございます。
この記事にコメントいただき、大変ありがたく思います。

ジョンの音楽感と英語に関する深い洞察をありがとうございました。
コメントを拝見して、なおさらジョンの世界に感動します。

現在ネットにつなげることができず、現在特別な方法で短時間接続しています関係で、十分なことが書けずに失礼しています。
どうもありがとうございました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード