魅力ある男にはどうしたらなれるのか

みなさまこんばんは。
いよいよ師走ですね。
今年は寒いのでなおさら世情の厳しさが身に沁みます。

今日は「問題の男」に斬り込みます。
-----------------------------
最近、「うちのダンナは、あるいは私のパートナーは全然私の気持ちをわかってくれないし、話は全然通じないし、頼れる感じもしないし、包容してくれる感じでもないし、見栄ばかり張るし、プライドは高いし、楽しくもない・・・」というような悩みの相談をよくいただく。
同性の身としては由々しき事態だなと思う。

最近の男は骨抜きになった、などと言うつもりはない。
なんだかんだ言ってまだまだ男は頑張っていると思う。
昔より男は筋力が落ち、精神力も落ち、リーダーシップも落ちたかもしれない。しかし、いろんな意味でよいところもいっぱいあるように思う。

上に書いたような最近の女性がたの悩みというのは多分別のことに起因すると思う。
以下私の説を述べる。
正しいかどうかわからないので、あくまでご参考程度に。

昭和30年頃以降は子供の数が2人以下になったので、昔のように子供が5人も6人もいて鍛えられるような状況が一変した。
男の子は家庭の中でとても大事にされるようになったのである。
もちろん家庭によって育て方は違うが、全般には男の子は大事にされる。特に母親から。

子供の数は減っても「長男」という考えは何故か残っている。
たまたま生まれた長男に過ぎないのに、「あなたは家を継ぐし(従順な)お嫁さんが来る」という錯覚を植え付けられる。

そして男の子は母親などからいろんな価値観や考え方を教えられる。その教え方というのはたいていの場合は「解はこれしかない」みたいな感じであり排他的なことが多い。
しきたりとか食べ物のことも然りである。

古い時代はまだそれでもよかった。いや、大昔はむしろその方がよかったかもしれない。なぜなら大昔の人の価値観は大体共通していたから。
でも今は違う。非常に多様な価値観の中で我々は生きている。

よって、魅力のない男とは、育てられた時の価値観や考え方を絶対軸(=固定軸)に置いてしまい、理想の人間像というのを絶対視、固定視してしまっている男のことだろう。
その状態を図示してみた。下記の図の1がそれに当たる。



この考えによればたいていの人はスペックアウトしてしまうのである。

それに対し魅力のある男とは、理想とする人間像の軸などはない。
常に人間関係を相対的に考えるのだ。図の2に当たる。
相手には相手にしかない価値観や考え方がある。
従って人間関係のパターンは相手の数だけあるのだ。

ただし誤解しないでいただきたいのは、相手に合わせて優柔不断というわけではない。
ある程度の自分のスタイルというのはできている。
その上で、いかにプラス思考を働かせて相手のよいところを引き出して、有機的な人間関係を作るか、である。
私はこれを「相対的人間関係」と呼ぶ。

物理学でニュートンの力学を古典とし(絶対的な軸や絶対時間がある)、アインシュタインの相対性理論を新しい体系とするのに似ている。

このような相対的人間関係を作るにはどうしたらよいか。
男の子の育て方を変えろと言うのは簡単だが、実際にはなかなか変わらないだろう。
ならば男の子が成人していろんな場面に遭遇した際にいかに考え方の幅を広がられるか、である。

人はいろんなものを食べて飲んで、時には食あたりもし時にはひん死の思いもしながら、いろんな食べ物や飲み物のよさをわかり価値観を拡げていく。
人間関係でも基本は同じだ。
人を時には丸呑みし、人には自分を出し惜しみしないで、怪我し苦節を重ねながら豊かな人格を築くのだ。
それこそが男の器量を築くというものだ。

なお、「男」としたが、なにも男女間のこととは限らない。同性間でも異性間でもあらゆる人間関係に関して成り立つことである。
ただ、最近の社会情勢などの変化により男を取り巻く環境が昔とはかなり変わったためか、本件は男において問題が顕著なような気がする。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
今週の滑り出しはいかがですか?

ありがとうございます。
渾身の思いで書きました。
でも鍵コメさんや鍵コメさんに関わる方々には全然問題のないお話だと思います。
僕のことはともかく、鍵コメさんを僕は尊敬しています。
図はいいでしょ。なんちゃって。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード