嫌いな飲み物・食べ物はなるべく減らそう(より楽しい人生を送るために)

みなさまこんばんは。
乾燥した冬晴れが続いています。
静電気や風邪には気をつけてくださいね。

みなさまは嫌いな飲み物や食べ物はありますか?
--------------------------
燗酒のおいしい季節になりましたね。
(っていうか、いつも理由をつけて飲んでばかりいるヤツです。)

さて、初めにお断りしておきたいのは、今日の記事は嫌いな物がある人を問題視するものではありません。
嫌いな物を減らすと、よりハッピーになるのだという前向きな話として捉えていただきたいです。
そうした方々こそ読んでいただきたいです。

では「である。だ。」調で失礼します。
よく「オレは日本酒はだめだなあ」とか「ワタシはワインしかだめよ」というようなお酒の種類により飲める飲めないということをおっしゃる人がいる。
あるいは日本酒の中でも冷酒しか飲めないという人もいる。

私は今はどんな酒も好きだが、40歳くらいまでは焼酎がだめだった。悪酔いしがちであり、あまりおいしくも感じなかったのだ。
でもよくよく考えると、焼酎は長い歴史があり多くの人に愛されているし、医学的に焼酎のみが自分に対し悪い影響を与えるというのは、どうも考えにくい。

ある時こんなことがあった。
40歳くらいの頃、私はある地理歴史を研究するサークルに入っていて、それを指導する大学の先生がいらっしゃった。
そのサークルの飲み会のある日たまたま先生が私の隣に座られた。
先生は焼酎を飲みながら私につくづくおっしゃった。「ST君ね、僕はこの焼酎のお湯割りに梅干しを入れるのがもう最高でね。もう何杯もいけちゃって、最高の気分がずっと続くんだよ」と。
そのおっしゃる表情があまりに素敵な少年のようだったので、私としてもぐっとときめくものを感じた。

人が「よい」と強調するものはすぐにでも飛びつくのが私の性格。
今まで苦手だった焼酎をここまで言うからには何かがあるな、と。
そんな最高の気分を私も狙ってみるか、と。
というわけで、詳細は省略するが、まもなく私も焼酎のよさを体得したのであった。
それはそれはうれしかった。新しい喜びが増えたのだから。

日本酒のように酒を温めて飲むのは世界的には多くない。
しかも日本酒は熱燗、ぬる燗、人肌・・・など、料理や雰囲気に合わせ温度を変えて飲むほどにおいしさが増す、という世界でも例のない優れた文化がある。
飲み屋さんでは燗酒の代名詞が熱燗になってしまっており残念だ。
我々はこうした自国の優れた文化も伝承したいものだ。

子供の頃はたいていピーマンは嫌いだ。
ニンジンやセロリもしかり。
苦いものは毒ということで人間の遺伝子に刷り込まれているらしい。
しかし大人になるにつれ苦味を克服しあの旨い世界を知るのである。

同様に腐敗を意味する酸っぱさや腐敗臭に関連する酢やチーズも子供の頃は苦手だが、大人になるとそのよさを知る。
シイタケを嫌いな人も多いが、それは毒キノコを排除しようとする知恵から来ているのかもしれない。

もしあなたが何か嫌いな飲み物や食べ物があるとして、それらは世の中ではとても旨い物としての文化がある場合、あなたはどう考えるか。
「自分はそれがだめなのだから今後も避ける」、あるいは「その喜びを自分も知る」。
私は間違いなく後者を勧める。

それが旨いという文化があるのだから、それを知れば人生は確実に一つ楽しみが増す。その方がいいに決っている。

ではそれを体得するにはどうすればいいか。
まずは、そのことが「素晴らしくいいはずだ」と思い込むのである。
そのことはそんなにいいはずはないけど・・なんて思っていたら自ら可能性を閉ざすようなものだ。
ちょっとやそっと味わってみて好きになるなんて考えが甘い。
「これは旨いはずだ」と信じて試行錯誤するのだ。
プラス思考さえあれば必ず「喜びの世界」はやってくるだろう。

そんな私だが、一つだけまだ「旨くない」という物がある。レバーだ。
普通には食べられるが、モソモソするし、古いゆで卵のような味がしておいしくない。
きっとまだ修行が足りないのだろう。

タバコは今やすっかり社会の嫌われ者だ。
でもこれもとても長い歴史のある嗜好品だ。
タバコを吸わない人への影響は大きいし、一部の病気を起こす因子でもある。
でも、今のタバコの迫害は少し行き過ぎではないか。私は今は吸わないが、やりすぎだと思う。
だいたい楽しみにはリスクはつきものだ。
もう少しなんとかならないものか。

そして、このことは飲み物、食べ物、嗜好品に限らず、仕事や人間にも当てはまるのである。
仕事や人間を「好き」と思って積極的にアプローチしない限りモノにはできないのである。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
そうでしたね、鍵コメさん。
前者の方はもし克服したら世界が随分大きくなるかもですよ。
結構、味の世界の大きな部分を占めているかもしれないように思います。
人間ですか。いやいや、僕は大したことありませんです。
鍵コメさんこそ。

面白い記事をありがとうございます

>日本酒は熱燗、ぬる燗、人肌・・・など

日本語って本当にすごいですね。
お酒の飲み方一つ一つを言葉にして表現するのですから。


我が家は、主人は好き嫌い多いですが、
子供は何でもよく食べます。私が育てたから(笑)
って、食べ物の好き嫌いは育った環境によるものも
大きいかもしれませんね。

レバー苦手な人多いですよね。
唐揚げにしたら結構いけますよ♪
勇気あれば試してみてください^^

ももこさん

こんばんは。
今日は少し暖かめでしたね。
お元気ですか?

ほんとに日本語ってすごいですね。
日本酒の表情の七変化を言葉にしちゃったのですね。
まるで日本酒は人の心のようですよ。

好き嫌いない子育てのももこさん。
素晴らしいです。

レバーの唐揚げですか。
では試してみようかな。

お久しぶりのコメントです☆

食べ物の好き嫌いではありませんが、
ちょうど似たような事を書いて記事をあげたところでした。笑

食べ物についてあまり好き嫌いはありませんが、
やはり苦手なものは苦手ですよね。

音楽について、苦手なジャンルはやはりどうも苦手なのかもしれない。と感じる最近です…★

因みにレバーは好きです。笑

mae。さん

おはようございます。
mae。さんの久しぶりのコメント、超うれしいです。
mae。さんが最初にコメントをくださったのが2011年のお正月。
まだまだ僕のブログには訪問する人がほとんどいなかった時代でした。
その直後に病気が見つかり入院でした。
mae。さんのおかげで入院も病気も乗り越えられました。

苦手な食べ物は実は発想の転換で好きになることがあります。
もしそうなったら幸せが一つ増えることになると思うんです。
食べ物以外でもそうだと思います。

寒いので気を付けてください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード