FC2ブログ

もしもビートルズが10年続いていたら....

If The Beatles had continued for 10 years, ……...


ビートルズの活動期間はご存知のように1962年から1970年の8年間であった。 実質的には7年である。
歴史には"IF"はないと言われる。
しかしこのブログではこのルールを破ってみたい。

そこで、次のような仮定を置くことにする。
「もし、ビートルズがあと2年続いたら(1972年まで)、何が起きていただろうか?」

まずはビートルズの解散後の様子をざっとおさらいしてみよう。

ジョンは以前にも増してヨーコとの精神世界により深く入って行った。
彼らはメッセージソングの数々を発表し、人々の心に訴えかけた。
そしてジョンはショーンが生まれてからは「主夫」になった。

ポールは新しいバンド「ウィングス」を結成し、音楽活動をさらに発展させ活躍した。
しかし全般的に彼の音楽は、ビートルズ時代よりもポピュラーで、軽い感じで聴けるようなものになった。

ジョージは解散後間もなく、音楽的な才能を爆発させた。
3枚組のアルバムAll Things Must Passは大変有名である。
ビートルズ時代は彼の音楽は既に素晴らしかったけれど、多作ではなかった。

リンゴは多彩な才能を発揮して、数々のショービジネスで活躍した。
音楽的にも他の元ビートルズメンバーのセッションに参加したりもした。

では次に、もしビートルズがもう2年続いたら、何が起きていただろうか、を考察してみる。

まずジョンの場合であるが、既に1969年からヨーコと深い関係にあり、解散前において既に彼らの意思は固いものがあった。
ゆえに、たとえビートルズがもう2年続いたとしても、ジョンとヨーコは同様のスタイルが続いたものと思うし、他の3人のメンバーに与えた影響も少なかったと思う。

ポールはきっと音楽的アイデア、例えば低音を厚くするような(私がこのブログで最近強調しているように)、をさらに展開していたことだろう。
彼の洞察力溢れるベースプレイは特にジョージの曲に多い。例えば、Something、While My Guitar Gently Weeps、Here Comes The Sunなど。
もしジョージが1970年以降もビートルズとしてもっと多くの曲を書いていたなら、ポールはベースプレイで、あるいは他のやり方でジョージの曲に加担していたことだろう。
そしておそらくは、Lennon & McCartneyに替る作詞作曲家コンビHarrison & McCartneyが誕生していたかもしれない。

最後にリンゴの場合は、彼の多彩な才能が開花して、オペラとかミュージカルだとか映画などの様々な芸術的なショーが生まれていたことだろう。
ビートルズは音楽家よりも幅の広いアーティストとしてのグループになっていたことだろう。

----------------------------------------

The Beatles, as you know, was active from 1962 through 1970. That was only eight years. Substantially seven years.
It is said that history never allows any "IF" discussions.
But in this blog I would really like to break this rule.

So, let me set an assumption here as follows.
IF THE BEATLES HAD CONTINUED FOR TWO MORE YEARS (TILL 1972), WHAT WOULD HAVE HAPPENED?

At first let me review the status of the four members after The Beatles broke up.

John went into the mental world with Yoko more deeply than before. They released several message songs whose lyrics make people impressed.
John became a house husband after Sean was born.

Paul arranged Wings as the new band, and made much and great music activities.
But generally his music became more popular and light hearing rather than the music of The Beatles.

George generated his music power explosively right after the dissolution.
The three disc album "All Things Must Pass" is very famous.
His music at The Beatles was already excellent, but he could not make very many at that time.

Ringo acted in various fields of show businesses with his multiple talents.
He sometimes joined music sessions of other members even after the dissolution.

Then let me consider what would have happened for them if The Beatles had continued for two more years.

First in the case of John, he was already in a deep relation with Yoko since 1969 and their intention was so tight even before the dissolution.
So, even if The Beatles had continued for two more years, I think John and Yoko would have continued their style similarly and given little affection to the other three members.

Paul would have further extended his ideas of music such as making low tone part in variety (as I have been stressing in this blog).
His insightful bass plays were seen especially in George's songs (eg, Something, While My Guitar Gently Weeps, Here Comes The Sun, etc.).
If George had composed much more songs after 1970 as The Beatles, Paul would have contributed to George's songs with his bass plays or other ways.
An excellent composer pair "Harrison & McCartney" might be born instead of "Lennon & McCartney".

Lastly in the case of Ringo, his talent would have cause some nice artistic shows such as operas, musicals or films.
The Beatles might become a group who are wider artists than musicians.
スポンサーサイト



テーマ : ビートルズ関連
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ビートルズの、もし

2年に限った解析が、面白いですね。

ジョージの曲での、ポールのベースプレイ、同感です。

ビートルズの「もし」で、一番言われたのが、再結成ですが、
70年代に、彼らが再結成する内容の小説が、ありました。

スタジアム公演で、新曲は見向きもされず、昔の曲だけで、
客席がもりあがるという描写に、妙に納得してしまい、
すごく寂しくなった思い出があります。

Re: ビートルズの、もし

ギターマジシャンさん

いつもコメントありがとうございます。

そうそう、おっしゃるように、思い出しました。
解散後しばらくは、二言目には「再結成」と言われていました。
おっしゃるように、再結成をしたとしても、新たな音楽を期待する人は何故かあまりいなかったと思います。

今からでも、その「もし」をシミュレーションして、どんな音楽が生まれたかを考察するのもおもしろいかもしれませんね。

ST Rocker
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード