FC2ブログ

新しいPCの悲喜交々

みなさまこんばんは。
今日が仕事納めという方も多かったのではないでしょうか。
本当に1年お疲れさまでした。
では明日からゆっくり休んでください、と言いたいですけど、なかなかそうもいかないでしょうね。
ま、年末はそこそこ適当に、ね。

ついに新しいPC買いました。
---------------------
(である、だ調にて失礼します。)

私は新しいもの、新しい考え、困難なこと、とか高い目標をもつことは好きである。
しかし、ことPCに関してはその進化のあり方を好きでないために、新しいPCを買うことが好きではない。
別の言い方をすると、ユーザーは新しいPCをどんどん買い換えないとやっていけない運命にあり、不必要で不便で使いにくい「新しいもの」を買い、それが広まっていく、という悪循環を繰り返しているからだ。

PCに限らずあらゆる商品は多かれ少なかれその傾向にはある。しかしPCはひど過ぎると思う。
PCはじめ電子デバイスやその根本となる半導体の性能は年とともに飛躍的に向上しなくてはいけないという、作る側も買う側も使命感があり過ぎることが問題で、本来人が必要なものはなにか、という根源的な議論をそろそろ始めないといけないと思う。

PC(パソコン)というものがこの世に現れて久しいが、PCというのはせいぜい5年くらいしかまともに動かない。もっと短くだめになるケースもいっぱいある。
親しくさせていただいているブロガーさんの方々もPCの調子の悪さというのが日常茶飯の話題になっている。
メーカーも本当は本気で考えれば10年もつPCもできるのではないだろうか。
でも5年で壊れてくれたほうが新機種への買い換えが加速されるので好都合と思っているかもしれない。

技術的に言えば、どうも内臓ハードディスクということがPCが壊れやすい理由の一つではないだろうか。
やはりクラウド化して、データの管理はプロに任せることにして、ユーザーは情報端末だけもつのが安定性、信頼性にとってよろしいのではないだろうか。

前置きが長くなった。
私のPCは2007年か2008年に買ったので寿命と言えば寿命だった。
内臓ハードディスクの駆動する音が最近物悲しく老けた感じの音になっていたし、動作も遅くなっていた。
そして最近では立ち上げがスムーズい行かず、何度も強制終了しては再度起動させる、というようなことで10分か15分格闘してからようやく立ち上がっていた。
その過程で何度も妙なエラーメッセージが何種類も出る。内臓ハードディスクがおかしくなっていたのは明らかだった。

2008年あたりに外付けのハードディスクを買った。相当容量がデカい。
PCが替ってもデータを永久に保存できるようにと、買った。
しかしこれも最近妙な音が出始めた。
こいつが壊れたら、どうやって別の媒体にデータを移行させればよいのだろう?

で、今日は仕方ないので、新しいPCを買った。Windows 8ベースである。
高級機種ではないが、まあまあいいものを買った。
動作は素晴らしく速く、色彩もきれいだ。
しかしだ。もう、何とも使いにくい!!

使いにくいさを喩えれば、最近の車についている、ナビとテレビとプレイヤーを合体させたアレだ。
あれはボタンの類が最小の数しかない。タッチパネルと組み合わせて操作する。
目的の操作をするにはボタンやタッチの組み合わせだ。
要は考えたってわからないのでだ。
「このボタンを押してからこの部分をタッチして・・・」のような具合だから、それを知らない限り、「センス」ではなかなか難しい。
若い人はこれを難なくやるのだろうか? もしそうだとしたら、我々世代の知らない体系が存在することになる。
昔のアナログ機器はいくら複雑な機器でも基本を知っていればセンスである程度操作できた。

Windowsがこの世に現れて以来私は親しんできた。だからその延長戦上の操作であればセンスでなんとかできるはずだ。
アナログとかデジタルの差というより、「考え方のパターン」がある程度あるものはユーザーも理解しやすいのである。
でも上述のカーナビのように、「このボタンとこのボタンを押す」みたいに何の脈絡もなく宛がっただけのルールは、それを知らない限り理解できないのだ。
今日買ったPCの操作の半分近くは理解不能な操作法により占められている(ように見える)。

ある画像ファイルを開けたらどう閉じるのか全然わからない、とか、ホーム画面に戻るとか一段上に行くのはどうするかのような超基本的なこととか、デスクトップに戻るだけで四苦八苦するとか、もうそんなことのオンパレード(これって死語?)である。

マニュアルを見ないとわからない部分がいくつもあった。
PCのマニュアルというのは以前は本当にわからなかった。
たぶん、開発した人が書いたからだろう。ふつうの人はどこまで理解できるかわからなかったからではないだろうか。
マニュアルは一般の人が書くのがよいのではないだろうか。

やはり記録というのは岩に刻むのが一番確実だ。
まあそれも無理だから、データの管理はプロに任せよう。
そうでないと、おおむね1990年から2020年の間の記録はなくなってしまうかもしれない。
将来22世紀とか23世紀の人が1990~2020年の30年を振り返って「記録の欠落した30年」(The Thirty Years of Deficient Records)などと称するかもしれない。
そうならないように、真剣に考えようではないか。

今日はまさに新しいPCの悲喜交々(こもごも)だった。
若い方々、この言葉は知っているかな?
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

僕も初めは、かなり面喰いましたが、結構慣れてきました(笑)
あのカーナビチックな画面は一切無視して、
立ち上がったら即、デスクトップに直行です。

日頃よく使うアプリは、下のタスクバーにピン止めしておいて、
デスクトップからそのまま起動してます。
(カーナビチックな画面で所望のアプリ上で右クリックして、
「タスクバーにピン止めする」を選べばOK)

ほんとは、せっかくのWindows8らしい使い方をしていないんでしょうけど、
どうしても新しいやり方には順応できないですね^^;

悲喜こもごも・・・そんなに若くないので知ってます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

dyneさん

おや、dyneさん。コメントうれしいですね。
今朝あたりは筑波山下ろしが厳しいのではないですか? 一昨日から千葉に来ています。
忘年会ではお世話さまでした。とても楽しかったです。
dyneさんは僕のブログのかなり詳細な部分まで読んでおられることを知って、かなり感動しましたよ。

新しいPC、dyneさんも最初は面食らいましたか。でもすぐに慣れたということですね。
カーナビチックな画面(アプリ画面)はすぐに無視してデスクトップ直行ですね。なるほど。(その直行のやり方自体がえらくわかりにくいのですけどね(笑))
僕はスマホを持っていないのですが、PCにもスマホ的な発想が持ち込まれているのかもしれませんね。

NHK BS1の「神の数式」4回シリーズをばっちり録画したのでこれからじっくり観て勉強して、少しでもdyneさんの領域に近づきたいと思っています。

鍵コメさん

おはようございます。
本当に度々ありがとうございました。
大丈夫です!

おはようございます

ST Rockerさん、
おはようございます^^

新しいPCとの付き合いが始まったようですね。
今まで慣れ親しんだものから
違うものに移行するのは、
最初は何かと戸惑いも多いことでしょうね。
思いどおりにいかずに、じれったい~って^^;
じっくりじっくり攻めて、ご自分のものにしてください。
ST Rockerさんなら、きっとあっという間に!
(なんて、私が書くとなんかイヤらしい・・・?^^;)

今年はこれが最後のコメントになりそうです。
というわけで、

今年も心からありがとうございました☆

良いお年を♪^^

ももこさん

おはようございます。
えっ、ももこさんもうこれで今年最後?
それはちょっと寂し過ぎ!
もうちょっと何とかなりませんか。
って、だめですよね。
わかりました。ではしめなくっちゃね。
僕もももこさんのおかげでかなりいろんな面で人間性が増しました。感謝です。
来年もますますセンスアップしてまいりましょうね。

「じっくり攻めて・・・自分のもの・・・」。なんか意味深・・。いやいや(笑)
たしかにどんなことも前向きに考えるのがST流ではありますけどね。

ではももこさんもよいお年を!
Have a nice year !
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード