FC2ブログ

聞き上手、もう一度

みなさまこんにちは。
いよいよ大晦日ですね。
今日は穏やかな天気ですね。
もう大掃除は終わりましたか?

これは多分まだ今年最後の記事ではないと思います。
-------------------
先日「聞き上手のすすめ」という記事を書きました。
「自分はこういうことを心がけている」というつもりで書きました。
にもかかわらず「STさんは聞き上手ですね」とか「具体的にどうしたらよいのですか」のようなお話を結構いただきました。
ちょっと意外でしたけど、真剣に言っていただいたのでありがたく受け止めさせていただくことにしました。

そこで、僕の心がけている人との対話の例をちょっとだけ紹介します。
例はあくまで架空のものです。でも話の仕方は僕は実際このような感じで進めます。
自分では互いに良い結果をもたらすと信じてはいますが、よいと言い切ることなどできませんし、人により考え方が違うのでどれがよいということもないと思います。
こんな考えがあるんだ、というご参考程度に読んでいただければ幸いです。

僕の考える聞き上手は相手に迎合することではありません。
相手のよいところや頑張っていること、あるいはこだわりがあることを引き出し共感し、かつ自分も楽しみ、話が発展することこそ聞き上手だと考えています。
おそらくこの状態になればお互いに脳内からα波が出て、プラス思考的に話が進むことでしょう。

例1
Aさんはばりばりのクラシックのピアノを弾きます。

ST「Aさん、僕はピアノを弾く時ってコードで覚えちゃうんで楽譜って使わないんですよ。クラシックの楽譜って音がずいぶんたくさん書いてありますけど、よく読めますね」
A「そうね、曲にもよりますけど。ショパンなんかは結構大変ですよ」
ST「僕には無理でしょうね、きっと。もし僕だったらコードに当てはめて、覚えちゃうかもですよ。とにかくロックってそのへんはルーズですし、ハートで勝負ですからね」
A「逆に私らはコードってわからないですよ。譜面を弾く中でも自分なりの個性を出していきますからね」

注)ここまでも勝負だけど、実はここからが本当の勝負。さらっと聞き流すのだけでは話が平行線になってします。

ST「たとえばどんな個性ですか? 楽譜には書いていない部分で個性を出すんでしょ? タッチの強弱とか? ペダルの使い方とか? それともリズムで?」
A「私の場合は全体的な強弱の流れですかね」
ST「実はね、ロックの世界では基本はコード奏法ですんで一見あまりバリエーションがないように思われがちなんですが、同じコードでもどのポジションで弾くかとか、音の強弱やペダルの使い方で、個性が何百通りにもなるんです。たとえばLet It Beのピアノもあの感じを出すにはかなりの工夫がいるんです。僕はそのあたりをブログでよく書くんですよ」
A「へえ~、そんなもんですか。それはおもしろいですね」

注)ここで終わってもだめ。さらにぐっと相手に入っていかないと。

ST「それでAさんの場合は、ピアノのどんな部分が快感を覚えるんですか? メロディーの運び? それとも和音? 作曲者のどんな傾向が好きなんですか?」
A「えーとですね・・・」

注)ということで話は進んでいく。AさんにもST流の耳コピしコードで音をとって演奏する方法においても十分に音楽的ファクタがあり興味深いことを共感してもらう。僕もAさんの考えを吸収し、自分の世界を広げる。

例2
Bさんは主婦。地元のスポーツジムでたまに会う程度。
今日は近くのスーパーでばったり会った。

ST「あっBさんこんにちは」
B「あらSTさん、お買い物? 偉いわねえ」
ST「偉いっつうか、いつものことだもの。Bさんはいつもこのスーパー利用するの?」
B「まあね、近いからね。でも、使い分けよ」
ST「たとえば? どんな風に?
B「ここはさ、大手だからなんでもあるじゃない。でも野菜とか肉はあまりよくなくて、高いの。野菜ならスーパーXがいいわよ」
ST「すごいなBさんてさすがだな。なんでXがいいの?」
B「地元の農家と契約しているの」
ST「どんな野菜?」
B「夏はトマト、冬は白菜なんかね。あとね、ジムに来てるCさんもシイタケを納めてるんだって」

注)ここまででも結構OKだけど、ここで終わるのはつまらない。さらに話を進める。

ST「Bさんはそういう情報って全部自分で集めてるの? 結構大変でしょ」
B「そうね」
ST「もしもね、自分のほしいものがいつもあるスーパーがあったら絶対いいでしょ?
B「そりゃそうだわ。でもそんなことできないでしょ?」
ST「僕は不可能を可能にするビジネスを考えているんだ。やれないことはないと思うよ。もしそんなシステム開発したらBさん利用してくれる?」
B「いいよ! STさんておもしろいこと考えてるんですね」
ST「そうだよ。ただの会話じゃ終わらさないんだ」

ではお後がよろしいようで。
スポンサーサイト



テーマ : 考える
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんわ。

今年最後の記事じゃないんですか(笑)

ST Rockerさんはどこで年を明けられるのでしょうか。

今年は御世話になりました。
今後もよろしくおねがいします。

PHiRoさん

こんばんは。
ありがとうございます。
千葉の自宅で年を越します。
へへへ、まだもういっちょあるんですよ。ご期待ください。

それはともかく、PHiRoさん、今年はお世話になりました。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード