FC2ブログ

「君が現れるまでは・・・」

今日は枕詞はありません。
------------------------

There were bells on a hill.
But I never heard them ringing.
No, I never heard them at all till there was you.

There were birds in the sky.
But I never saw them winging.
No, I never saw them at all till there was you.

Then there was music and wonderful roses.
They tell me in sweet fragrant meadows of dawn and dew.

There was love all around.
But I never heard it singing.
No, I never heard it at all till there was you.

Till there was you.....

丘の上に鐘がある。
だけど昔はあの鐘が鳴ったことはなかった気がする。
いや、君がここに現れるまでは一度も鳴らなかったのだ。。

空には鳥がいる。
だけど昔は鳥がこんな風に飛んでいたのを見たことがなかった気がする。
いや、君がここに現れるまでは一羽も飛んでいなかったのだ。

君が現れてからというもの、音楽があり美しいバラがある。
かぐわしい夜明けの草原で草つゆに囲まれ、それらは僕に語りかける。

今は僕の周りには愛に満ち溢れている。
だけど昔は愛などなかった気がする。
いや、君がここに現れるまでは愛は全然なかったのだ。

君がここに現れるまでは・・・


[VOON] Till There Was You_20140114
スポンサーサイト



テーマ : 今日の1曲
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(゚д゚)!こんばんわ。

すいません。私、初めて聴きました(泣)

これST Rockerさんですか?すごいです~(*´∀`*)

単純ですけど、ビートルズのイン・マイ・ライフを
連想してしまいました。あ、もしかしてこれ失言?

今度から、ちゃんとマメに聴きますm(_ _)m
楽しみにしてます❤

PHiRoさん

こんばんは。ありがとうございます。

はい、僕ですよ。ただし声だけね。

この曲は作者はビートルズではないんですけど、ビートルズがカバーしました。
いい曲でしょ?
イン・マイ・ライフね。
そうですね、似ている部分はあると思います。
あの曲もかなりな名作ですね。

これから聴いてくださるのはうれしいです。
PHiRoさんの記事も楽しみにしています。

蘇る情熱

ST Rockerさん、こんにちは。

この曲、ビートルズ以外でもどこかで聞いたことがある、と思いました。
早速調べてみると・・・納得でした。
私、昔、ミュージカルにハマっていた時期がありまして・・・

「Music man」の中の曲だったんですね。
聴いていて、昔の情熱がまた1つ、蘇ってきました。

連続でのコメント、失礼します

ST Rockerさん、こんにちは。
連続でのコメント、失礼します。
4年ほど前に、日本でも「Music man」、演じられていましたね・・・
西川貴教さんが主演で。
脇を固めるメンバーも確か、それなりに豪華だったと思います。

観ることができなかったのを悔しく思ったことまで
思い出してしまいました・・・
(確か、私の住む大阪でも1週間ほど上演されたはずです)

たきやん。さん

こんばんは。

この曲さっそく聴いていただき、そしてMusic Manのことと情報をありがとうございました。
たきやん。さんミュージカルに凝られていたんですね。
そしてこの曲を聴いてすぐにピンときたのはすごいですね。
Music Manのオリジナルはこのビートルズのアレンジとは随分違うと思います。

実は僕も前にもこの曲をブログで何度か取り上げたことがあります。
もしお時間あれば、2012-03-10の記事(下記リンク先)をご覧ください。

http://strocker.blog62.fc2.com/blog-entry-350.html

今日はどちらかというと詩に注目して情感を訴えようと思いました。

たきやん。さんの情熱がまた出るきかっけとなり、大変うれしいです。

ジョージの間奏

この録音は、以前と同様に、初期のステレオ盤での、
片チャンが歌、もう片方が伴奏になっているのを、
利用されて、カラオケ代わりにされたのでしょうか。

すごく見事に、音が分離していますし、歌声も、
クリアーに聞こえて、相変わらずポールっぽいです。

この曲は、間奏のギターソロが、あまりに見事なので、
ジョージには無理だから、ポールが弾いた疑惑もあり、
ライブで、面目躍如とジョージが弾ききったやつですね。

ギターマジシャンさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

はい、おっしゃるような片チャンネルによるカラオケです。
アルバムWith The Beatlesはたいていの曲がこれでできちゃいますね。
意外にもHey JudeやLet It Beのピアノもほぼ片方からしか聴こえないので、若い頃、それらのピアノを消して自分のピアノを入れて遊んだりしていました。

たそかにこの曲のレコードもコンサートも名演ですね。
そもそもアレンジ自体は誰がやったのでしょうね。すごい名アレンジだと思います。
ジョージ・マーティンあたりもからんでいたんでしょうかね。

いろんな意味でとてもよい曲だと思います。

ソニー・ロリンズ

ST Rockerさん今晩は。

ブログサーフィンしていて、マサジョンさんblogから此方に来たら同名楽曲のトピックで、以心伝心と云うか?何か不思議な気分です。

当方思春期時代、B`楽曲中お気に入りだったのですが、長じてから彼等自身の楽曲ではない事を知り、少なからずガッカリした記憶在ります。

情報源はソニー・ロリンズ購入時、ライナーノートにミュージカル`Music Man`からと、此の曲がカヴァークレジットされていて、教えられた次第。でも、好みの音程と間奏が当方得意のガット弦の為大好きで、今でもカラオケしてますよ。

take10nさん

おはようございます。
コメントどうもありがとうございました。
また、いろいろ情報ありがとうございました。

マサジョンさんも同じ曲を同じ時にアップされていたんですね。
先ほど訪問しました。
本当に奇遇です。

2012年3月10日にもこの曲を取り上げたことがあります(下記リンク先です)。
http://strocker.blog62.fc2.com/blog-entry-350.html
その時もtake10nさんからコメントいただきました。

僕もこの曲はカラオケでよく歌うのですけど、
歌うたびにtake10nさんのことを思い出します。
今度一度拝聴したいですね。

これからもよろしくお願いします。

名曲ですね

ST Rockerさん こんにちは。

いつも名曲をありがとうございます。
この曲は“ロイヤル・バラエティー・P”、“エド・サリバン・ショー”などで名演しているポールの歌声が光る曲ですね。
和訳を載せていただいてると、歌詞の内容が解かり、
当時の女の子のファンが絶叫していたのが判る気がしますね。
ST Rockerさん は英語に精通されていますから
歌もバッチリですね。

マサジョンさん

こんにちは。
こちらこそいつもマサジョンさんのワクワクする記事楽しみにしています。

おっしゃるようにこの曲はライブの名演とポールのボーカルが光りますね。
今回改めて詞についてじっくり考えてみました。
この和訳は僕の勝手な訳でして、ほんとに正しいかどうかわかりません。
多分、直訳してもあまりよい感じにならないと思い、このように書きました。
いずれにしましても、ファンを魅了するとてもよい詩だと思います。

歌もばっちりですか。
うれしいですけど、まだまだです(笑)

No title

こんにちは。

演ってますね☆

STさん、のびのびと歌ってらしたのが印象的です♪

Mr・へぼいさん

こんばんは。
ありがとうございます!
そうですね、リラックスして歌いました。

Mr・へぼいさん落ち着かれたら、また演りましょうね。

No title

こんばんは♪

いいですねぇ♪とっても素敵な歌声です♪
ポールにだって負けてませんよ(^_-)-☆
何度も聴いちゃいました(*^_^*)

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
あれれ、そふぃーおばさんさん。
それってほめ過ぎでは(笑)?
それとも、おじさん的には素直に喜んでいいのかなあ?
この分だと、ブタが木に登ってしまいます。

素敵でした☆

ST Rockerさん、とても良かったです♪

私、この曲、初めて聴いたのですが、
1回聴いただけで、とても気に入りました♪
好きな感じの曲です♪

私には、どこかハワイアン(好きなんです)っぽくも聴こえました。
また再生しようっと♪

ありがとうございます☆

ももこさん

こんばんは。
なんかとってもお久しぶりでうれしいです(笑)
ありがとうございます。
いいでしょ、この曲。
でも、もう一度録りなおしたで、再度聴いていただけますか。
ハワイアンね。たしかに似たところありますね。
もしよかったら、下記リンク先にビートルズがライブで演奏する場面ありまして、それはまさにハワイアンっぽいですよ。
http://strocker.blog62.fc2.com/blog-entry-350.html
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード