自己責任を自覚した時・・・それが全ての出発点

(予約投稿です。)
皆さまこんにちは。
寒いですね!
3連休いかがお過ごしでしょうか?

成人の日に向けての僕からの熱いメッセージです。
------------------------
僕は記事を書くための「ネタ帳」なるものを用意しています。
単なるエクセルファイルですけど。
USBメモリをいつも持ち歩いて、アイデアが出た段階で入れていきます。
すぐにUSBに入らない時はメモで紙に書いておきます。
そのネタ帳がもはやパンパンになりました。
アイデアは1日に2件くらい湧くからです。
もう、書きたいことが山のようにあります。
「律速段階」は書く時間です。
音声入力が待ち望まれます。

今日は成人の日。
20歳というのは心身ともに成熟し親の加護を離れ、自己責任で生きていくべき年齢とされる。
しかし実際問題、人間は20歳では完全な自己責任というのは容易ではない。(なかにはできる人もいるだろうけど。)

一方、「四十にして惑わず」という格言がある。
古来中国に発したこの言葉は。「不惑」という境地の意味することを伝える味わい深い言葉だ。

しかしこの現代世界。
40歳で本当に不惑に達する人はどれだけいるだろうか?
あまりいないのではないかと思う。

30歳、40歳となるにつれ、自分のことも世の中のこともわかってはくる。
でもまだまだ人は戸惑う。
世の中の不条理、そして我が身に降りかかる不条理。
40歳になったからといってとてもそれらを達観することなんてできない。

49歳までの僕も含めて、世の中の多くの人は、我が身に降りかかる問題を憂い嘆き、そして誰かのせいにしたくなりがちではないだろうか。

そんな中、僕には革命が起きた。
ある特別な出会いを通じてとても大事なことを体得した。

これまでもブログで何度も書いたように、「人を丸ごと飲み込む(あるいは愛する)」、「人格を一つにする」、「人の関係はを相対性理論である」などだ。
そしてそれらの核にある超基本的なことが、「我が身に起こる全てのことに意味がある」と「全てが自己責任である」だ。

人は思うだろう。こんな辛い仕打ちが自己責任だなんて。そんなばかな。だって・・・!
でもそうなんである。

実は自己責任はそれほど難しいことではない。
なにも問題を自分の責任において解決しなさいと言っているのではない。
全てを自己責任にすると、すべてを自分の軸に「体系化」ができるのである。
全ての人や事柄が、自分を基軸になぜ存在しているのかの体系化ができるのである。
そしてそれはとりもなおさず自分の人格を一つにすることなのである。

自分の人格が一つになったら、辛いことも前向きに取り組める。
そして人に対していつも笑顔で接することができる。
全てがプラス思考で進んでいく。

全てを自己責任とすること、これがすべてのスタートなのである。
これこそが不惑ではないか。
僕の不惑はちょうど50歳だった。
そしてきっとみなさんもそのくらいだろう。

今日成人式を迎えた若い諸君。
おめでとう!
今日からいきなり自己責任とは言わないけど、いずれ確立すべき不惑に向けて、自己責任を育てていく取組をじっくり始めてほしい。
若いうちにあまり小さくまとまらないで、目いっぱいの経験をしてほしいな。
頑張って!
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

私も「四十にして惑わず」とはならなかったですね(^_^;)
その頃は悩み、もがいていたように思います。
五十である決断をしてから人生がラクになった気がします。
それはやはり、自分の人生は自分で決めるということですね。

世の中の不条理、我が身に降りかかる不条理を
うまく処理できてるかというと、まだまだ未熟な感じがしますが
全て自己責任というのは納得がいきます(*^_^*)

若いうちから悟りを開かれても、おばさんの立場ってものが
なくなりそうですね(^_^;)
二十歳はまだ世の中のしがらみとは関係なく生きていける世代。
色んな体験をしてほしいですね(^_-)-☆


そふぃーおばさんさん

おはようございます。
とてもご丁寧なコメントありがとうございました。そして返信遅れまして失礼しました。

そふぃーおばさんさんの40歳、50歳でのステップは僕のそれと近い気がいたします。
安心しました。

降りかかる不条理の原因が自分というよりも、
その不条理をどう処理するかですよね。
まさにおっしゃる通りだと思います。
本当に大変なことですよね。

ほんとに、すごく若い人が人格完成してしまっては僕らの存在感もないですよね。
うまくできているのではないでしょうか。

今週も頑張りましょう。

No title

去年40歳になって、
まったく不惑に程遠いという事だけは分かりました。
自分のこと少しは分かるようになったという事でしょうか。笑

今年はやっとバカボンのパパと同い年。
「これでいいのだ」を今年の言葉としてやっていきたいと思います!

花音さん

こんばんは。
花音さんは不惑ではないというよりも、誰も40歳になんか見えませんよ。
これからもずっと20代の若さでいてください。
でも50になったら不惑の境地にたっしてほしいな。
いずれにしてもまだお若いからじっくり取り組んでいってください。
人生楽しんでください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード