発電システムを考える時に見逃してはならないこと

みなさまこんばんは。
また雪ですね。
今回は西日本でも広域で降ってますね。
こうなったら腹を据えて雪に臨みましょう。

今日は発電のお話です。
----------------------------------
原発の良し悪しとかその政策、そして自然エネルギーを利用した発電システムの良し悪しなどが最近多いに論じられています。
私にも大きな考えがあります。
でもこのブログはその議論の場とはしていません。
なかなか難しい議論だからです。
考え方、考慮すべきファクター、技術内容、内外の政策、などのバリエーションが多過ぎて議論そのものが噛み合わない場合も多いからです。
違う土俵で議論をしているという場合もよく見られます。

そこで、結論はこうだということよりも、発電の考察をする時に見落としがちなポイントを私なりの意見として書いてみます。

まず、いろいろな発電システムの違いを比較するに際し、比較すべき対象としては下記のようなものがあります。
1.発電効率
2.発電の安定性
3.発電の全体量
4.安全性
5.公害性
6.発電燃料の調達性
7.コスト
8.CO2の発生

発電システムの種類としては大別すると次の3種類があるでしょう。
A.原発
B.火力発電
C.自然エネルギーを利用した発電(太陽電池、風力発電、波力発電、地熱発電等)
(水力発電は省略します。)

最近の世の中での議論はたいてい、ABCの3種を項目1~6に関して考察し比較対象するものがほとんどでしょう。
安全性、公害性から原発から自然エネルギーへの変換が主たる論調であり、火力発電は燃料の輸入が嵩みCO2を莫大に発生するという論調です。
ならばその論調に従いさえすれば問題は解決するのでしょうか。
そう単純ではないと思います。
ここから先に書きますことは一般的な論調においてはほとんど出てきません。でも私は重要と考えます。
繰り返しますが、良い悪いではなく、見落としてはならないファクターという意味です。

まず、自然エネルギーはそもそもが自然の中に生きる動物や人間がそのまま利用するようにできているために、そのエネルギー密度は非常に小さいです。
それを用いて発電したとしてもせいぜい個人の暮らしを満たすようなレベルの電力しか生まれません。
もし自然エネルギーを大規模な産業用の電力を生むほどに発電させるには、発電の装置を大規模に集積させるプラントの建設が必要になるでしょう。
そうなるとそれを建設する資材の調達や製造、それを運搬する車、そしてプラントを維持すること、さらには電力を伝搬すること、などなど結局たくさんの石油を使うことになるのです。ということはそれだけのコストがかかり、CO2が発生するのです。
どうせ石油を使うのならそのまま燃やして発電させる方がよっぽど手間がかかりません。
こうしたオーバーオールの石油の消費量を比較するべきです。

同様に原発も発電そのものだけでなく関係する全ての事柄を考察しないといけません。
地震・津波対策や廃棄物の処理に関しては十分に議論されています。
しかし、発電所の建設や維持、ウランの採掘や精製や運搬、などのための石油の使用やコストやCO2の発生について論じられているのを聞いたことがありません。
原発はCO2レスのエネルギーと言いますが付帯的なことを含めれば結構多くのCO2を発するはずです。

そしてもう一つの非常に大事で、かつ見落とされがちなポイントは、その発電システムをこれから建設するのか、それともできてしまっているのか、です。
この2つの違いにより考え方はガラっと変わってきます。

原発というのは1980年代にその是非について論じられました。
私は、上のような複合的な観点から、あまり進めない方がいいと思っていたのです。
でも大多数の国民は原発を支持しました。故に、全発電の3割まで達したのです。

従って、今現在、発電システムを比較検討する場合、
A.既にできてしまっている原発
B.既にできてしまっている火力発電
C.これから作る自然エネルギーを利用した発電
の間で比較すべきなのです。

過去は消せないのです。
仮に過去の判断が誤りだったとしても、できてしまっていることを否定した前提で検討することはできません。ここが肝要ですね。

今現在、火力発電用の燃料としての石油の輸入と使用が際立っていますが、局視的にのみ見てもいけないと思います。
発電所の建設やシステムの構築や資材の運搬等の間接的な石油の消費が生まれる可能性があります。

シンクタンクはここまで考慮して政策の手助けをすべきです。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

原発に関して論じてしまうと、それこそ賛否両論。
色々な意見が出そうですね。
個人的な思いはあります。私も言うのは止めますが
すごく気になっているのが核廃棄物処理の問題です。
どうなっちゃうんでしょう。。。
本当に心配です(ーー;)

高尚な話のあとに大変申し訳ありませんが、
私「自家発電女」として職場で有名なんです(^_^;)
キャビネットの引き出し開けようとしてバシッ!!
同僚に書類を手渡そうとして指が触れてバシッ!!
手を洗おうとして水道の水でバシッ!!
みんなから「その電気がもったいない」とよく言われています(笑)
ちなみにCO2は排出しませんが、毎回痛い思いをしているので
安全性には若干問題があるようです(^_^;)

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

原発については何かの機会で論じる機会があってもいいですね。
ただ、小規模で、テーマを絞ってがいいですね。
そふぃーおばさんさんおっしゃるように廃棄物のことに関して、とかですね。

さてさてそふぃーおばさんさん、自家発電なんですね。
それでいつもコメントくださる時にバシバシ来るんですね(笑)
鉄子さんでなく電子さんと呼ぼうかしら。

その電気、どこかに貯めておけないですかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
いつもありがとうございます。
鍵コメさんもこの件はじめ研究熱心でいらっしゃいます。
この件も是非記事に載せていただきたく思います。
そして、そのように言っていただいてうれしいです。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード