「2001年宇宙の旅」の感動をご一緒に

みなさまこんばんは。
昨日から今日にかけて各地はすさまじい気象でしたね。
みなさまご無事でしょうか?

昨日(14日)は1日で208名がいらっしゃいました。
ありがとうございました。

ここ数日書いております「美しく青きドナウ」と映画「2001年宇宙の旅」を結ぶお話です。
絶対にワクワクしますよ!
-------------------
今週末のつくばから千葉への移動は雨によって雪が融けてからにしました。
それは正解でした。道路には雪はほとんど残っていなかったです。
ところが千葉に着いてびっくり。
これが家の前の雪です。


雨で融けてまだなおこんなにあります。
風呂の水に使いたいくらいですね。

さて、ヨハン・シュトラウス二世の「美しく青きドナウ」。
僕の子供の頃のイメージはメリーゴーランドような真面目でかったるい曲でした。
自分とは永遠に無縁のように思っていたのです。

ところが僕が21歳頃に映画「2001年宇宙の旅」がリバイバル上映されたのを観て、感覚がガラっと変わったのです。
それは自分にとって革命のようでした。

「2001年宇宙の旅」は原題が2001: A Space Oddyseyといい、1968年のイギリス・アメリカ合作で、配給はMGMです。
監督はあの鬼才スタンリー・キューブリック、原作はアーサー・C・クラークです。
一応SFのジャンルですが、SFを超えた高い芸術性、哲学性、科学、神秘性など、他に類を見ないほどの深淵なる名作です。
中でも、音楽はすべてクラシックを使ったこと、そしてそれがなんともマッチしていることが特記されます。

人類の夜明けをリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」でファンファーレ的に用い、次いで宇宙ステーションが円舞する様を「美しく青きドナウ」で表現したのです。
僕はヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ウィーン・フィルによるこの「美しく青きドナウ」を聴いた時、まさにこの映画のために作曲したかのような感動を覚えたのです。
漆黒の宇宙に舞うステーションの回転とか乗組員の動き、さらにシャトルの動きとか、そういうもののすべてがいろんな楽器で表現しているかのようでした。
そしてなんとも、人類の叡智というか、そういう厳粛な雰囲気に身が包まれ、誠に厳かな気持ちになったのです。

その感動をみなさまにも共有していただこうと、YouTubeを探したのですが、そのものズバリはありませんでした。当然でしょうね。

一番近かったのが下記です。
http://www.youtube.com/watch?v=7nsR4n6iXeQ
「ツァラトゥストラはかく語りき」から始まり「美しく青きドナウ」に至るまで本物のサントラの音声です。
画像は本物の映画の静止画を編集しています。
画像の雰囲気は出ています。

下記はCGです。
本物の映画の動きが再現されています。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=lkpe2Y9nAEM
音楽は別オケの演奏(あるいはシンセ?)です。

こちらは映画の予告編です。
http://www.youtube.com/watch?v=Kf_rVyHYV6U

いかがでしたか?

16日0:45追記
下記のようなYouTubeもありました。
http://www.youtube.com/watch?v=UqOOZux5sPE
これは映像は本物です。
でも曲はサントラではありません。こちらのバージョンはドナウ川そのものを思い浮かべます。
ですので、この映像と先ほどのサントラ盤を頭の中で融合してください。

スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

こうして改めて聴きなおしてみると、本当に映画と音楽が
よく合ってるなぁという印象を受けますね♪

ST Rockerさんが21歳の頃映画をご覧になって感動された
そのカラヤンですが、丁度その頃、来日されていて
コンサートを聴きに行った私です(*^_^*)
その時はラヴェルの「ボレロ」と、
あとはチャイコフスキーだったかなぁ(よく覚えてません^^;)
「美しく青きドナウ」も高校で合唱した懐かしい曲です(^^♪

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
あら、カラヤンを。
確かに来日は覚えている気がします。
前にもそのお話をおっしゃっていたのを覚えている気がします。よかったですね。
この映画の美しき青きドナウは、どうしてもあのカラヤン指揮・ベルリンフィルでないとだめなんです。
先ほど記事にもう一つYouTubeを追記しました。
合唱、やはりあったんですね。

No title

こんにちは~

中学のお昼時間に毎日流れていた曲が「美しき青きドナウ」です。
とても懐かしい曲での一つです。
2001年宇宙の旅も昔観て、吸い込まれていくような感覚を想い出しますね。
永遠の名曲です~

S.パティー さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。

中学のお昼休みでしたら、懐かしいですね。
2001年もご覧になったのですね。
美しく青きドナウのもつ魅力が何通りにもお感じになって、素晴らしかったと思います。

音楽との融合

「2001年宇宙の旅」は、映画館、深夜放送で見たり、
録画したVHSで見ましたが、いつも、寝てしまいます…。

「美しき青きドナウ」の場面は、まだ起きているので、
すごく印象に残っていて、音楽と映像の融合という、
イメージフィルムのようで、壮大な世界観に感動です。

ところで、「美しき青きドナウ」と、「ドナウ川のさざ波」は、
いつも、どっちがどっちだったか、混乱してしまいますが、
映画が、「美しき~」だと、このブログで関連づけました。

ギターマジシャンさん

こんばんは。
ギターマジシャンさんに書いていただいて気付いたのですが、僕はこの映画のことを過去にも何度か書きました。
でも、「美しく青きドナウ」に集中して書いたのは初めてだと思います。
確かにある意味退屈なところもある映画ですね。
そんな中、序盤の「美しく青きドナウ」は感動ですね。
確かに僕も昔は「ドナウ川のさざ波」と混同していました。でもこの映画をきっかけにはっきり区別できるようになりました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード