FC2ブログ

嗚呼、抗がん剤

みなさまこんばんは。
そして、この度の大雪の被災地の方々、是非頑張ってください。

先日抗がん剤のお話をしました。
きょうはちょっと詳しいお話をします。
お食事中の方は読まない方がいいかもしれません。
-------------------------------
昔の抗がん剤は入院しないと受けられませんでした。それほど副作用がひどかったからです。
今では副作用もかなり改善されてきまして、入院しなくてもよいケースが増えてきました。
しかし今なお、抗がん剤の種類や人によりかなりひどい場合があります。この僕もひどいほうでした。

僕が抗がん剤を受けたのは、手術を受けた2011年1月の直後から半年間です。
点滴(エルプラット)と飲み薬(ゼロータ)の両方を受けました。
点滴は毎月、半日の休暇を取る必要がありました。
あの半年は我が人生において最も苦しい時期でした。
しかし、あれを乗り越えたのだから何にでも耐えられる、という自信がつきました。
あの頃の記事を読み返すと苦しい感じは全然しません。我ながら拍手を送りたくなります。

では僕が感じた副作用を書いていきます。

まずは吐き気。
抗がん剤を受けた半年間の起きている間は全部吐き気でした。
ただ、戻すに至るのはほとんどありませんでした。
ずっと船に乗っているような感じ。
しかしなぜか寝る時は吐き気を感じなかったのです。
それは救いでした。
もう、寝ることだけが唯一の楽しみでした。

倦怠感。
満員電車の中でしゃがんでしまったり、仕事中にうなだれてしまいます。
活力が湧かず、何もやる気が出ません。

呼吸困難
点滴を受けた後に短時間ですが起こります。

冷たい物が飲めない、食べられない。
冷たい物に触れると喉が締め付けられるようなしびれが出ますので、水も含めた冷たい物が喉を通りません。
うがいや歯磨きも大変です。

冷たい物に触れると手足や末端がしびれる。
冷たい水で手を洗えないし、雪や寒さに触れても手足がしびれ、全身がいやな感じで震えます。
顔もしびれました。

手足症候群
飲み薬(ゼロータ)を飲み続けると、手足がしびれ、赤く腫れ上がり、水膨れができます。
手は指の先の感覚がなくなり、シャツのボタンをかけたり、がま口の開閉などの動作ができなくなります。
足は、膝から下全体がしびれ、一時期は車のアクセルとブレーキの違いも感じにくくなります。
足はいまだに少ししびれています。

下痢
1日に2、3回くらいずつ下痢をします。しかもいつ起こるかわかりません。
電車で途中下車したことも数え切れません。
あまりよく下痢するので、お尻の穴が胃酸でやられてしまい出血します。

味覚障害
実はこれが一番つらかったかもしれません。
まず水がまずくて飲めません。
アセロラのジュースとかポンジュースしか喉を通りません。
三度の飯よりも好きなはずの酒が全く旨くありません。
何を食べても砂を噛んでいる感じです。
ステーキなどは粘土を食べているようでした。
唯一食べられたのがみかんの缶詰とおしるこでした。
ゼロータは途中から水では飲めなくなり、おしるこで飲んでいました。

声のかすれ
点滴後にかすれました。

本来爽快なものが爽快ではない。
香料とか歯磨きとかそういうものは気分が悪くなります。
臭いにも敏感になります。

その他、口内炎とか胴体の発疹などもできました。

脱毛は起きませんでした。

点滴を受ける部屋はカーテンで仕切られているだけなので、他の患者さんと看護師さんの会話が丸聴こえです。
副作用の状態を必ず質問するので、他の患者さんの状況がよく聴こえるのです。
だいたい同じような感じなので、思わず「そうそう!」と声を上げたくなります。
そして、どうもご年配の方ほど副作用は少ないようでした。理由はわかりません。

吐き気と味覚障害についてはある女性の方のお話では「つわりもこんなもの」と言っていました。
女の人って本当に大変なんですね。

普通、薬を飲むのは体が楽になるから飲むのですけど、抗がん剤は体がしんどくなるために飲むようで、まるで毒を飲むような感覚でした。

いかがでしたか?
スポンサーサイト



テーマ :
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
うれしいコメントをありがとうございました。
鍵コメさんのお気遣いがまずありがたくてうれしいですね。
鍵コメさんも大変でした。
そして楽しいお言葉もありがとうございました。
はい、楽しくもありますよ。
これからも是非よろしくおい願いします。

No title

やはり、体験しないと「わかる」と簡単には言えないですね。
お疲れさまでした!

ST Rockerさんとは全く違う病ではありましたが
私も、入院生活によって良い方に人生観が変わりました。
世界一怖かった歯医者さんがへっちゃらになったし♪

ある朝、病室で聞いた小鳥の鳴き声の美しさは
一生忘れられません。
聞こえること、見えること、息が出来ること
全てが当たり前ではないことに気づかされた体験でした。

mimuro♪さん

おはようございます。
素敵なコメントをありがとうございました。
おかげでとてもすがすがしい朝を迎えることができました。

mimuro♪さんの体験、宝物ですね。
僕も病気によりありがたさや見方がぐっと変わってきました。
自信もつきますし。

小鳥のさえずり。いいですね。

No title

ST Rockerさんと私の薬は違うので
同じような症状もあれば全然違うものも・・・。
まぁ、私は通常よりもだいぶ薬を減らしているので
副作用も少ないようですが。
(それでも今日はまだ気持ち悪くてご飯食べれてなーい。泣)

食べる事は生きる事だと、本当に思います。
ST Rockerさんのように何を食べても飲んでも美味しくないのは
本当に辛いだろうなぁ。。

あ。私妊娠の経験はないのですが、
毎回「つわりってこんなだろうな」って思ってます(^^;)

花音さん

こんばんは。
花音さんは世界一陽気ながん患者女子代表。そして僕は男子代表。
黄金のコンビですよ。
花音さんは順調だからもうすぐ抗がん剤も終わるでしょう。
本当に頑張って!

僕は3年経ったからもうほぼOKだけど、実は今度は別のがあるかもしれないかも。
でもいいや。来るなら来い!
がんというものを一般人の目線で世界一研究してやろうと思ってます。

お互いにがんばりましょう!
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード