FC2ブログ

思い込んではいけない

みなさまこんにちは。
本日4つ目の記事です。

ある若手の研究者に対しかけた言葉です。
-----------------------------
昨日の午前中に職場の同じ部屋の向こうのほうで、ある若手(とは言っても40くらいですが)の研究者が、ある上層部の人にこっぴどく怒られていました。
若い人を含む皆の前でです。

ある大事なテーマでの検討の進め方がなっていないということで、かなりの言い方をしていました。
人を評するには一番酷な表現も使っていました。
彼は大きくうなだれていました。

僕は彼が大好きです。
なぜなら、いつも明るくて挨拶は大きな声で必ずするし、どんな難局に陥っても決して腐ることなく黙々とやっていくからです。
もちろんやり方はよくないところはいくらでもあります。だって人間ですもの。

もし午前のあの上役の言葉をそのまま飲み込んでしまったらどうしようか、と僕は心配でした。
もちろんその上役の指摘の内容は正しいことでしょう。
でも、しょせん人の指摘は一面の真理に過ぎません。
自分の大事な根本的なところまで否定してはいけないのです。

昨夜の飲み会で彼とたまたま一緒でした。
わざとらしく励ましてもいけませんし、その上役の悪口を言ったり、気にするなと言っても仕方ありません。
そうではなくて、全く別の話題になった時に、あるテーマで僕も関与していたものの話になったので、僕はすかさず彼の素晴らしいところを大きく称えました。
そしてそれは僕の本心に他ならないのです。

彼の表情はとてもなごみました。
そしておそらくは上役に言われたことに対しても具体的な捉え方ができたことを祈ります。
彼がよい土日を過ごしていることを願ってやみません。
スポンサーサイト



テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

4つの記事、全て読ませていただきました(*^_^*)
ST Rockerさんは本当に書くことがお好きなんですね。
なんで、こんなに色々なテーマで記事を書けるのでしょう!!
凄過ぎます(*^_^*)
ネタ切れで毎日青息吐息の私は爪の垢でも煎じて
飲ましていただきたいくらいです。

すべて、興味深く拝見しましたが、この記事にコメントです(*^_^*)
結論から言うと、多分その後輩の方は昨日は落ち込んでらしたかも
しれませんが、きっと立ち直ってらっしゃると私も信じています。
そういう、おそらく人格の問題まで触れた叱り方をする上司の方も
おそらく問題のある方なんじゃないでしょうか?
彼にも落ち度はあったかもしれませんが、誰にも失敗はあるものです。
失敗して反省して、失敗をバネに経験を積んでいけばいいのだと思います。
彼も上司の性格はきっとご存知なんでしょう。
ST Rockerさんの接し方も絶妙ですね(^_-)-☆
その彼も聞いてほしければ自分から誰かに相談するでしょう。
話をほじくり返されたくない時もありますもんね。
違う話題で気分転換・・・いいなぁ♪
明るい話題で気持ちを切り替えさせてあげるなんて、さすがです。
私だったら、その彼の机にチョコレートを置くだけかも(^_^;)

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
お忙しい週末と思いますが、そんな中このようなご丁寧なコメントをいただき、大変うれしく思います。

4つ全部読んでいただけたなんて。
書いた甲斐がありました。
はい、たしかに今日は書いていて自分でも書くことが本当に好きなんだと思いました。
こうして書けるのも、そふぃーおばさんさんはじめ多くのブロガーさん方により鍛えられ、励まされてきたからに他なりません。
そふぃーおばさんさんのブログも僕は大好きです。いつも見習っています。

そしてこの記事についても洞察あふれる、そしてご丁寧なコメントをありがとうございました。
僕は昨日自分が取った行動が果たしてべストかどうかわかりません。
僕が昨日感じた問題点は、上役が人間の根幹まで関わることをしかもよくない言葉で、しかも皆の前で言っていた点にありました。
そふぃおばさんもおっしゃるように、このことはよくありませんね。

僕も一人の人間として看過できないと感じ、ともかくも考えた末の行動でした。
まあまあよかったのでしょうね。
そしてそふぃーおばさんさんのチョコをさらっと置く。それはいいかもしれませんね。

本当にありがとうございました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード