またもや日本人のユニークで粘り強い研究だ!

(予約投稿です。)
みなさまこんばんは。
わりとよい気候が続いていますね。
お元気でしょうか?

またまた素晴らしい日本人の研究のお話です。
------------------
今週日曜の「夢の扉+」では、騒音を減らす超画期的な研究をやってきた関西大学の河合康人教授の話を紹介していました。
音は壁や塀の上側で大きくなるという「エッジ効果」を河合先生は発見した。
そして、ならば壁や塀の上に音を吸収する板や布のようなものを立てれば、壁や塀の向こう側の音をかなり減らすことができるのではないか、と思いつく。

そして苦節30年。
ついに実用化にこぎつけたのだ。
道路の防音壁などが、安いコストで膨大な効果が見込める。
まさに画期的でシンプルで骨太な考え方です。
日本人は独創性がないなんて絶対に言わせないですよ、河合先生のお話を聞いたら。

大事なことは、シンプルだけど、モノにするにはすごい努力を継続的にしないといけないんです。
30年!
これですよ。
ここが日本の強いところの一つではないでしょうか?
最近のアジア各国の強さは確かに注目すべきところがあります。欧米流とも言えますね。
でも日本みたいな苦節30年の研究をやれる人がたくさんいる国は珍しいでしょう。

最近、東芝の半導体技術が韓国に流出する事件が起きました。
でも実はこのようなことは数十年前からずっと行われてきたのは公然の秘密です。
ある半導体大手企業が技術者のパスポートをチェックしたら、目的不明の韓国渡航の記録がいくつも発見されたそうです。
ある人曰く、金曜夜の韓国行の飛行機には知った顔が必ずいくつかあった、と。

やはり、サラリーマンの収入はほぼ皆同じ、というのはおかしいですね。
価値の高いものを開発したなら、応分の収入を与えるべきです。
また、組織的な業務と開発的な業務を分けるべきです。
スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます~

夫は元エンジニアでした。

日本の技術・研究は世界に誇れると・・。
1970年代以降、韓国、中国からの多くの研修生が日本に。

その中、多くの韓国人と交流をもちましたが、
彼らは日本の技術は母国より半生紀先を行っていると称賛してました。
アジアの国は地道な努力が苦手なようで、
真似はできても、そこから新しいものをコツコツと作りだす力が足りないようですね。
もっと日本の技術者、研究者に光をあててあげて欲しいと願います。

S.パティーさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
そして今日はとてもご丁寧なコメントをありがとうございました。

ご主人がエンジニアでいらしたのですね。
僕もそうなので、気持ちはよくわかります。
そして、アジア各国との橋渡しのお仕事だったのですね。
それはさぞ充実し、かつ日本の技術に誇りを持てる場面が多かったことと存じます。

おっしゃるように、日本の技術者に光が当たってほしいですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード