よい研究者を見抜くには

みなさまこんばんは。
昨日、今日とすごい雨でしたね。
今日は雷や風も。
お花見受難ですね。

私の経験に基づく、研究者を見抜くワザです。
------------------
STAP細胞のような大変重要なテーマにまつわることは一般論だけで捉えるのはいけないだろう。
何か特殊な事情もあったと見たほうがよいであろう。

今日は一般論の話である。
特定の人のことを言っているのではない。

研究というのはそもそも新規であり、進歩であるべきものである。
そしてそれに携わる研究者は必然的に唯一無二であることにこだわりを持っているはずなのである。
そもそも論文にコピーを持ち込む発想などないはずである。

たとえつたない英語であっても自らが作文した英語で論文を綴りたい。それが研究者たるもののはずである。
大学なり研究機関が研究者を採用する際はそうした研究者の気質を見抜くことが大事である。

私は小論文が一番適切な見抜く方法だと思う。
本当は研究生活を数日共にすれば研究者の資質はよくわかる。
でもそんな時間はないから何かで代用しないといけない。
そこで小論文だ。

ある課題を与えてペンでさっさと書いてもらう。
ぱっと出てきたものが重要だ。その人の考えていることだから。
独創性やセンスが小論文にはよく出ると思う。

私が大学院修士課程の学生の際、時々教授の授業のアシストを行った。
演習の時などに質問を受けたり、指導したり、時に演習問題の採点も行う。
自分の考えをペンで書かせると本当に研究者としてのセンスを測りやすい。
センスのよい学生はほんとに手に取るようにわかった。

私は会社でマネジャーになってからはよく中途採用者の面接をした。
言葉で話す面接は実は小論文より人を判断しにくい。
やはり文字で考え方を書いてもらうのが一番だ、と私は思う。

さて、今日は久しぶりに手足におもりをつけ歩行訓練をした。夜に。
ついでに夜桜見物。
大した写真は撮れなかった。




スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます♪

今回の記事を拝見して〇十年前の就職試験を思い出してしまいました。
一般試験の他に、小論文と面接があって、いきなり出された
「お題」に参ったなぁ~と思った記憶が蘇ってきました(^_^;)

言葉で話す面接は実は小論文より人を判断しにくい。
  ↑
そうなんですね、ナルホド
私がST Rockerさんの会社の試験受けたら、落されそうです(笑)


夜桜のお写真、いいですねぇ(*^_^*)
あの雨のあとでもしっかり咲いてますね♪
写真からも満開の様子、よくわかりますよ(^_-)-☆

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
先ほどまで出かけておりまして、返信が遅れまして失礼しました。

さてそふぃーおばさんさんを面接試験させていただく・・・。
そんな僭越なことは想像できませんけど、
もし仮にあったとしたら合格も合格もいいとこです。

だって、いつも記事を拝見してその文章のいきいきしたところや機智に富んだところはすごいですし、
コメントやコメント返しのセンスは誰にも真似できませんもの。

桜の写真そうですか(^^)/
ほめられるとすぐに調子に乗ってしまいます。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード