ああソメイヨシノ

みなさまおはようございます。
桜の季節は毎年何らかの天候異変が起こりますね。
桜は不安定な季節に開花するから余計に美しいのかもしれませんね。

今日はソメイヨシノのお話です。
---------------------------
日本の桜の代表は何と言ってもソメイヨシノ(染井吉野)。
シロに近い淡いピンクの花弁はとても上品です。

先日書きましたように、今あるソメイヨシノの全ては同じ遺伝子を持っているクローンです。

ソメイヨシノの起源は必ずしも明確ではありませんが、どうやら江戸時代のどこかである種の2種の桜の間で交配されてできたたもののようです。
ソメイヨシノ同士では結実まではするようですが、それが育つことはないそうです。
従ってソメイヨシノは接ぎ木等で増えるしかありません。
あたかもクローン動物が増えていくかのように。

全てのソメイヨシノの木がクローンなので、生まれもった性質は全て同じはずなので、開花等の現象は純粋に環境要因によってのみ起こると考えられます。
開花の時期は気温の差で大きく影響を受けます。
近い場所でも標高が少し違うと開花日が違ってきます。
また、沿岸部よりも少し内陸の方が開花が遅いようです。
さらには、至近距離なのに開花が違うこともたまにあります。何らかの要因があるのでしょうね。

ところで、接ぎ木で増えた新しいソメイヨシノの木は完全な「新しい個体」なのでしょうか? それとも?
というのは、世界初のクローン動物である羊のドリーは「親」よりも寿命が短かったですし、その後の研究においても「クローンは寿命に制約がある」とか「何らかの制約を背負っているため完全な新しい個体ではない」と言われていた時期がありました。
今はどうなったのでしょうか?
その問題が解決されないと、クローンや万能細胞の応用にも限度があるということになるのではないでしょうか。

仮にソメイヨシノの誕生が250年前としますと、樹木の歴史としてはまだまだ浅いということでしょう。
そのうち全てのソメイヨシノが一斉に寿命を迎えるなんてことが起きたりしないでしょうか。
そんな悲しいことにならないように、今のうちに遺伝子技術で解決してほしいですね。

よく古いお寺の境内なんかにあるしだれ桜はソメイヨシノとは別の種類のようです。
ソメイヨシノ以外の種類の桜もとてもきれいですね。

さて、今日のおまけは過去の録音から
アカペラのTicker to Ride(「涙の乗車券」)
スポンサーサイト

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
返信遅れ失礼しました。
それは、それは。
鍵コメさんお忙しいから、きっと・・・
でも、よかったですね(笑)

No title

こんばんは♪

北国ではこれからですが、関東周辺の桜はそろそろ終わりですね。
今日は職場の近くの小学校の入学式♪
ギリギリ散らずに間に合った桜の木の下で
記念撮影をする親子の姿が見られました(*^_^*)
入学式には桜がよく似合います♪

しだれ桜とソメイヨシノは種類が違うんですね。
花はよく似てますよね(*^_^*)
勉強になりました(*^^)v

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
今日もお仕事お疲れさまです。
入学式でしたか。
よかったですね、散る前で。
ほんとに桜は入学式が似合いますよね。

はい、しだれ桜。
これにはちょっとしたおもしろいエピソードがありまして(笑)、後ほどの記事を読んでいただけますか。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード