FC2ブログ

「恋愛」を科学する(その1)

みなさまこんばんは。
今日はちょっと涼しめだったしょうか。

さて、恋の季節ですね。
みなさま恋愛してますか?
-------------------------------
タイトルに関心を持ったあなた。
ホルモンがどうのこうのとかの内分泌学のお話ではありません。
ちょっとエッセイ風に。

もともと男と女は惹かれあう素地がありますが、それが恋愛に至るまでのメカニズムは何なのでしょうか?
そして恋が成就し、成長し、維持するメカニズムは何なのでしょうか?

内分泌学、心理学、社会学などではすでにある程度メカニズムは提唱されています。
でもどうもそれらだけでは説明できそうもない恋愛のダイナミクス。

最近起きている科学の話題を見ていたら、恋愛のメカニズムに通じるような気がしてきたのです。

まず一つは最近の素粒子学の進歩。
最後の素粒子であるヒッグス粒子が見つかり、いよいよ”神の数式”が解明されようとしています。
この流れに大きく貢献したのがノーベル賞受賞者の南部陽一郎先生。
「対称性の自発的乱れ」という世にもユニークな発想をし、それを実証したのです。

男と女が出会い、価値観のような人間的部分と、男性的と女性的な部分が惹き合うのはたまにあるとして、それが恋愛に発展するメカニズムは何でしょうか。
それまで意識していなかったような役割を意識し始め、それを出す側、受ける側の準備ができ、それを実際に出し、入れ、共有する。
それがどんどん進むのが恋愛ではないでしょうか。
あたかも、最初は互いに丸いボールだったのが、いくつもの突起と窪みができ、何種類もの結合ができていく。
あたかも対称性の自発的乱れ、のようです。

もう一つはSTAP細胞。
今回の件はいろいろ問題あれど、一般細胞が刺激により惹起されて時計の針を逆戻りして万能細胞となり、また分化する、という発想自体は大変素晴らしいものです。

恋は新しい刺激に満ちています。
時にはこれまでの感覚や概念では御しきれない刺激がやってきます。
そして男も女も刺激により惹起され、若返り、というか幼児まで戻ります。
すると、それまで封印していた感覚まで蘇ります。
それは時に苦しい感覚でもあります。
これが「恋の病」でしょう。

苦しい感覚に打ち克つためにそこで学習し、より適した新しい細胞(=人間性)まで分化を開始するのです。
恋の病は人を進化させます。

こうして考えると、恋愛というのは人間に備わった根本的なミクロな現象から発しているのかもしれませんね。
さあ、どんどん恋愛してください。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪

若返るなら、どんどん恋しなくちゃ♡と思いました(*^_^*)
そのためには相手が必要なんですよね~
さぁ、困った(笑)
今から頑張ってみようかしら(^_-)-☆

続編楽しみにしてま~す(*^_^*)

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
いやいや、若さに関してはもう十分でございます!
でも、一度だけSTAPになっていただくのもいいかもしれませんね。
万能細胞になってからさらに分化したらどんなにまたまた素晴らしいそふぃーおばさんになりますよ(^^)/

No title

恋愛のメカニズムが今は壊れている気がします。
わが息子達も、女の子の影が見当たらないです。
ずっと独身で行きそうな予感も~

栗りんさん

こんばんは。
たしかにそういう感じもいたしますよね。
僕らの頃よりは積極性が少ないようにも思いますけどね。
息子さんたちは長い目で見守ってさしあげてくださいね。

おはようございます♪

恋愛はいくつになってもしていたいですね。
立場上現実はなかなか難しいですが・・・
ても片思いでもいいと思うのです。
そしてドラマや映画の中の男性が相手だとしても、
誰にもときめかないよりはいいと思います。
恋をしなくなったら、そこで女が終わってしまいます。
若さを保つには恋が一番。
一生女であり続けたい。それが私の理想です。

春ですしね♪^^

恋愛を科学する!
ST Rockerさんらしくていいですね♪
面白いテーマだと思います^^

良い刺激を適度に与えてもらえるような、
そんな恋愛だったら楽しそうですね♪^^

vivihiro40さん

こんばんは。
熱い思いにじーんと来ました。
素晴らしいです。素敵です。
女である限り恋はし続けていたい。
hiroさんなら是非そのようにできると思います。
燃えるような恋、是非してくださいね。

ももこさん

こんばんは。
僕もももこさんから遅れること数年で、ようやく「恋愛道」を語る時が来ました。
なんちゃって(^_^.)

やはり恋といえばももこさん。
ももこさんの語る恋の世界の右に出る人はいません。
これからも期待してますね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード