FC2ブログ

僕は優先順位付に毎日1時間かけます

みなさまこんばんは。
昨日の寒さから一転して今日はかなり暖かかったですね。少し汗ばむほど。
いよいよ春本番、いうか初夏の匂いが・・・。
さあ、連休前にひと踏ん張りしましょ。

このところちょっと”やわらか”路線でしたので、今日はちょっと硬くいきますよ。
やっぱり男は硬くないとね。(ん?)
-------------------------
ある日Xさんは出社すると、次ような15個の案件(A、B、C....O)が目の前にありました。
1つの案件を片付けるのに1時間かかります。
1日の規定労働時間は8時間。
全部やるとなるとすごい残業になります。深夜までかかります。
8つしかやらないとなると半分ちょいしか終わらない。
ならば、Aから順番にやっていって、Hが終わった時点で元気だったらもう2、3個やるかな。
まあ、こんな感じが一般的ではないでしょうか?

Xさんに限らず誰でもある程度は優先順位は付けるでしょう。
重要顧客からせっつかれているものとか、締切時間が迫っているものとか、市場規模が大きそうなものとかは当然優先順位を上げて取り組むでしょう。
Xさんにとってはこの15個の案件はアルファベットの順にやるべきだと思えたのです。

ここから今日の記事の核心に入って行きます。
今日の議論では話をわかりやすくするために、話を単純化させます。ご了承ください。

Xさんにとっては、その案件をこの日に片付けることによってもたらされる効果をAが一番大きいと感じ、Oが一番少ないと感じました。
よって、朝一にAから着手し、定時が終わった段階でHをこなし、3時間残業してKまで終えました。残り4件はできませんでした。

「優先順位付け」の考え方はこの程度でよいのでしょうか?というのが今日の僕の問いです。
答えはノーだと思います。

考え方はもちろんいろいろあると思いますし、僕の考えだけが正しいというつもりは全然ありません。
一つの考え方であると思ってください。

僕が大事と考えるのは次の2つのファクターです。
まずは、Xさんがその案件に1時間かけて処理することにより、その案件はうまく行くかどうか、です。
うまく行く成功確率を見積る必要があると思います。
Xさんが考えた「もたらされる効果」はやりさえすれば発生するのではなく、成功確率との掛け算だと思います。

もう一つのファクターは、成功しなかった場合に発生する「マイナスの効果」です。
これは見落としがちですね。でも確実に降りかかってきます。

そこで、A~Oの15の案件について、これらのファクターをチェックしてみます。
下記に書いた数字は僕が適当にモデル的に書いたに過ぎません。
「この考察がないとこんなミスリードをしますよ」という意味です。

案件xx成功確率xx成功した場合のxx失敗確率xx成功しなかった場合のxxx期待値
xxxxxxxxx(%)xxもたらす効果xxxx(%)xxxxマイナスの効果
xxxxxxxx10xxxxxxxxx15xxxxxxxx90xxxxxxx-12xxxxxxxxxx-9.3
xxxxxxxx20xxxxxxxxx14xxxxxxxx80xxxxxxxx-9xxxxxxxxxxx-4.4
xxxxxxxx30xxxxxxxxx13xxxxxxxx70xxxxxxx-10xxxxxxxxxxx-3.1
xxxxxxxx40xxxxxxxxx12xxxxxxxx60xxxxxxxx-8xxxxxxxxxxxxxx0
xxxxxxxx20xxxxxxxxx11xxxxxxxx80xxxxxxxx-6xxxxxxxxxxx-2.6
xxxxxxxx70xxxxxxxxx10xxxxxxxx30xxxxxxx-7xxxxxxxxxxxxx4.9
xxxxxxxx40xxxxxxxxxxx9xxxxxxxx60xxxxxxxx-5xxxxxxxxxxxxx0.6
xxxxxxxx30xxxxxxxxxxx8xxxxxxxx70xxxxxxxx-5xxxxxxxxxxxx-1.1
xxxxxxxx45xxxxxxxxxxx7xxxxxxxx55xxxxxxxx-4xxxxxxxxxxx0.95
xxxxxxxxx20xxxxxxxxxxx6xxxxxxx80xxxxxxxx-4xxxxxxxxxxx-2
xxxxxxxxx99xxxxxxxxxx5xxxxxxxxxx1xxxxxxxx-5xxxxxxxxxxxx4.9
xxxxxxxxx85xxxxxxxxxx4xxxxxxxx15xxxxxxxx-3xxxxxxxxxxxx2.95
xxxxxxxxx65xxxxxxxxxx3xxxxxxxx35xxxxxxxx-2xxxxxxxxxxxx1.25
xxxxxxxxx99xxxxxxxxx2xxxxxxxxxxx1xxxxxxxx-1xxxxxxxxxxxx1.97
xxxxxxxxx45xxxxxxxxxx1xxxxxxxx55xxxxxxxx-1xxxxxxxxxxxx-0.1

Xさんが見ていたのは「成功した場合のもたらす効果」というところだけでした。
成功確率と成功しなかった場合のマイナス効果を考え、そしてそれらを総合して「期待値」を計算してやります。
期待値とは最もありがちなケース、言ってみれば平均のようなものです。
例えば案件Aは、1時間作業することにより、最もありがちなのは9.3のマイナスでした。

Xさんが作業したA~Kまでの11項目の期待値を全部足すと、-11.15となりました。
なんと、3時間も残業したのに大きなマイナスの効果が予測されるのです。
やっただけ無駄ですね。

そこで期待値の大きい順に並べてみます。
F=K>L>N>M>I>G
これらの7つの期待値を足すとなんと17.52です。
著しいプラスです。

Xさんが最初に見えていたAからの順番は期待値は全然大きくありませんでした。
こんなにも違ってしまいました。

取りも直さず、この期待値を見積り順番付けすることこそ優先順位付けと僕は考えています。

僕は毎日、朝から1時間はこの優先順位付けのみに時間を使います。
一見もったいないようですが、いきなり作業に入るよりも、1時間作業時間を削ってでも優先順位付けをしっかりやれば、残業なしでも素晴らしいプラスのアウトプットが期待されるわけです。

いかがですか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「期待値」ではありませんが
リスクアセスメントなんてのも災害の大きさそのものに発生頻度などかけて数値化してますね。

最大の効果を得るにはやはりこのような順位付けって必要ですね。

こういったことを日ごろから行ってらっしゃるST Rockerさんは
”やっぱり男は硬いね。(ん?) ”

面白半分さん

こんばんは。
たしかにそうですね、リスクアセスメントもこのような手法かもしれませんね。
男はやはり硬軟混ぜてがいいでしょうかね。
でも年齢とともにちょっと・・・ですね。
面白半分さんはまだまだでしょ?

No title

こんばんは♪


ん?
何だか難しいお話のようです(笑)

では真面目な話!?
今日の記事拝見して、さすがST Rockerさんだなぁと思いました。
優先順位を決めるのに1時間かけても結果効率的にしかも有効に
仕事が捗る・・・さすがです!!
優先順位の付け方もST Rockerさんならではですね。
やっぱりさすが理系ですね(*^_^*)

私なんか、どうしても期限の迫っているものを優先しがちですし、
直感勝負の文系はあまり深く考えずに「とりあえず、少しでも終わらせよう」と処理しつつ「お昼はなんにしようっかなぁ♪」などと考え、
そのうち、優先順位が仕事なんだかお昼なんだか・・・(^_^;)
今日は普段の仕事ぶりを思いっきり反省しました。

そふぃーおばさんさん

おはようございます。
昨夜のかなり遅い時間にありがとうございました。
「ん?」ですよね(笑)

さて今回のお話、業種や職種によっても考え方は違ってくると思うんですよ。
そふぃーおばさんさんのお仕事では僕の考え方はいいかどうかはわからないと思います。

今やネットやメールが発達したおかげで、一人の人間に常に案件がオーバーフローしている状態になってしまっています。
そもそもが「やりきれない」状態だと思うんです。
そこが現代の病理でもあると思うんです。
だから優先順位付けなのではないでしょうか。

実は僕もお昼のことはいつも思ってます。
でもメニューはほとんど選べませんけどね(笑)

?がいっぱいだ~

時間が足りない時は、効率よく仕事をする事は大切ですね。
その為に、優先順位を考える一見無駄な時間が生きて来る~
流石~ST Rockerさんのお話は分かりやすいです。
指導者向きだと感心です!(^^)! 

でも、今の日本の会社は、毎日終わらないほどの仕事がある事に、
大きな問題がある気がします。
残った仕事が、日を追うごとに増えて行く現状はどうなるのか、
効率の悪い仕事は、いつ、誰がやるのか、気になって....
出来の悪い私は、そっちの心配を~(笑)

栗りんさん

こんばんは。
とてもご丁寧にありがとうございました。
光栄です。

1時間しっかり優先順位を考えることによって、とてもよい結果を与えるという信念に基づいてやってます。

そして栗りんさんおっしゃること僕も同感です。
優先順位を考える以前に、やることがオーバーフローしてしまっている現代の社会。
これはいけませんね。
このあたりしっかり考えていきたいと思います。
栗りんさんのお考えもこれからもいろいろお聞かせいただけましたら幸いです。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード