みなさまはメール文化をどのようにお考えですか

みなさまおはようございます。
GWスタートはとてもよいお天気ですね。
みなさまいかがお過ごしですか。

メール文化について思いつくままに綴ってみます。
------------------
メール(正確には電子メール)というものが世の中で普及を始めたのは1995、6年だったでしょうか。
いずれにしてもまだせいぜい20年くらいの歴史しかないコミュニケーションのための道具・手段だと言えるでしょう。

メールは今や欠かせないものですね。そしてとても便利なものです。
現代社会の重要な部分を担っていると言ってもいいでしょう。

しかしメールを一つの文化として見るとしたら、文化としてはまだまだ確立していないのではないでしょうか?
人間の古来からある対面しての言葉によるコミュニケーションや、書きしたためる手紙などはもう十分に確立した文化だと言えるでしょう。
電話は既に60、70年程度の歴史があり、文化としてほぼ確立できたと言ってもいいでしょう。
電話が普及し始めてから20年程度の時期はまだ文化としては未完成の状態だったと思います。

メールというものはそもそもどんなコミュニケーションを可能にしているのだろうか。
メールというものは万能なコミュニケーション手段なのだろうか。
メールというものは何が特徴で、何が長所で何が短所なのだろうか。
メールに短所があるとしたら、どのような他の手段と併用ないし、その手段に補われないといけないのか。
メールというのはどのような相手にどのような目的の時に有効に使えるのか。
メールを使う際の注意点は何なのか。
メールを使う際のテクニカルなポイントは何か。
・・・・・・・・・

こうしたことが十分に世の中で共通認識として持てて初めて、コミュニケーションの道具・手段として確立したと言えるのではないでしょうか。
こう考えると、メールはまだ試行錯誤の段階をいくらも抜け出ていないように思えます。
そして、今や重要な手段であるにもかかわらず、メールに関する教育がほとんど行われていないように思います。
ですから、メールというものはこれからある程度時間をかけてこうした点をじっくり確立していかなければいけないのだと思うのです。

今日はこの問題に真っ向から取り組む時間がありませんので、今、頭にあるものを少しだけ挙げてみます。

やはり何と言っても、メールは文字面だけの情報であるので、他のコミュニケーション手段に対しニュアンスを伝えにくい点が最大の特徴かつ最大の欠点だと思います。
事務的な連絡は問題は少ないですが、ややこしい話、情感の話、怒る話、などはメールでその真意を正しく伝えるのは至難の技です。
もし正しく伝わらないと、相手はどんどん負のスパイラルに落ち込んで行く危険性があると思います。

ですから、ややこしい話は会って話したり、電話でも話したりなどと、他の手段で補う必要があるかと思います。
また、メールは少しでもネガティブなことを書くと受け手は過剰に反応しがちです。
メールでは相手の立場にかなり立って、相手目線でしかも誠実に書くことがベターかと思います。

もう一つの問題点は、もし相手から返信がない場合、相手がちゃんと受信できたのか、あるいは受信はしても返信がまだないのか、さらには返信がない理由が何なのか、がわからない点です。
(この点は書き手紙でも同様ですが。)
メールの場合にやっかいなのは、自分の送信ミスを含めて相手に届かないことがたまにあります。
特に多いのがPCから携帯に打った場合に、相手の方の携帯がPCメールをカットする設定になっている場合です。
また、PC同士でも未だに何らかの原因で配信できなかったり遅れたりするケースがたまにあります。
迷惑メールと判定されてしまう場合などもあるでしょう。

返信がない場合に相手に受信を確かめたり、あるいは返信を催促するのは容易なことではありません。下手をしたら関係がこじれてしまいます。
長い間返信がない場合は、何か別のメールの際にやんわり聞くか、会った際に「メール送ったんだけど届いたかしら?」などとちらっと言うのがいいのではないでしょうか?

また、返信があった場合でも、一部の質問に答えていない場合がよくあります。
その答えない理由が、了解なのか、読み忘れなのか、書き忘れなのか、答えにくいのか、どうでもいいのか、無視なのか、答えないことをもってのノーの意思表示なにか、などなど様々考えられてしまいます。
こうした場合、無理に相手にしつこく聞くのは容易ではありません。どうしても聞く必要がある事柄はやんわり催促はしますけど。
僕の場合、相手からいくつか質問なり要望があった場合、「おっしゃった点すべて了解です。」などとまず書くことにしています。その前提で詳しく書きたいことだけを書いていけばいいわけです。それなら相手も安心すると思います。
そして、書く側もあまり一つのメールに何種類もの事柄を盛り込み過ぎないほうがいいかもしれませんね。

最後に顔文字、絵文字。
以前は、若い人達のみの習慣と捉えていましたが、最近ではメールのニュアンスを補強するために有用な手段だということがわかりましたので、僕も最近少し使うようにしています(^^♪

では今日はこのへんで。
このテーマではまた書きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
とても興味深く読ませていただきました。
たしかに、会社員になって電話マナーは教育されますけど、メールマナーについては教育されていませんね。
まあビジネス文書という意味では共通かもしれないですが。
同じ職場なのに、メールでしかコミュニケーションを取らず、会話を全くしないスタッフがいます。先日ちょっと注意をしたら、すごく意外そうな顔をされたので驚きましたね。

No title

こんにちは(*^^*)
今日の話題は思ってる以上に深刻な問題ですよね(ーー;)
uriboは常日頃考えてます。
実は、今この時もそうです…
私が言おうとしてる事を、どう書けばきちんと伝わるか…
結構難しいんですよ(笑)

ST Rockerさんの言われてるように、メールに対する教育って無いですよね
学校で習うものでもないし、自分が生きてく上で自然に身に付けていくものなのかな?
ま、一般常識として身に付けていくものなのでしょうか?
だから怖いですよね(ーー;)
実際、電子メールというもの、ネット社会というものは
大半が人を傷つけるツールとして発達してますよね…
顔が見えない分、名前が匿名な分、手軽なんでしょう
すごく便利で私にも欠かせないものとなってますが
細心の注意をはらって使用しなければいけません!
顔文字、絵文字は必須ですよ(笑)
少しでも自分の思いを伝えるには…( ̄∇ ̄*)ゞ

何だか何を書いてるか分からなくなりましたが
皆さん気を付けましょう!という事ですm(__)m

かぴさんさん

コメントありがとうございました。
興味深く読んでいただき光栄です。
そうですね、ビジネス文書として共通する部分もありますし、また教育されていない部分もありますよね。
職場では隣の人とメールで会話する人もいますよね。
いつもご指導お疲れさまです。
そういった面でも考えるべきことが多いですね。

uriboさん

こんばんは。
GWはどのように過ごされますか?
僕は一応今週一杯は休みです。

メールの件、とてもご丁寧にありがとうございました。
uriboさんのお考え、よく伝わりましたよ。

uriboさんもおっしゃるように、メールに関する教育がないので、個人に任せっきりですよね。
それなりに自主的に学習はできるでしょう。
でもおっしゃるように、人を中傷する手段として使われたりもしますし、
そこまで故意でなくても、うまく伝わらないために問題が起きたりもしますよね。

こうして考えると、社会問題としてもメールを考える必要もあるでしょうね。

No title

こんばんは♪

そもそもアナログ人間なのでメールが使われ出した当初は
もの凄く抵抗感がありました(^_^;)

手紙を書いたり、旅先で絵葉書を出したりする方が好きな人間です。
いまだにメールというものにどこか冷たさのようなものを
感じてしまいますねぇ(古いのかも^^;)
時間帯や相手が忙しくても気にせず送信できるというメリットは
あるものの、表現によっては思わぬ誤解を招いてしまったり、
送る側、受け取る側で感じ方の違い、微妙なニュアンスが
伝わらないといった問題はどうしても生じてしまいますもんね。

会って、お互いの顔を見ながら会話できるにこしたことありませんが、
忙しい現代人のコミニュケーション手段として
今後も減ることはなさそうですね(^_^;)
あとは使い方のモラルの問題かなぁ。

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
こちらの記事へもコメントをいただき、うれしいです。

以前、メールに抵抗感でしたか。
今やそふぃーおばさんさんの記事やコメントを拝見する限りは全然そんな風に見えませんけど。
むしろどなたよりもよく使いこなしていらっしゃる印象です。
とても感動や癒し感が伝わってきますもの。

手紙やはがきですね。
素晴らしいことですよね。
こうして書いていて思ったのですが、結局、手紙やはがきをよく書ける人のほうがメールもよく書けるのではないでしょうか。
便利さと引き替えに大事なことを犠牲にしてはいけないのではないでしょうか。

素敵なコメントありがとうございました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード