FC2ブログ

どうなったアポロねつ造説?

(予約投稿です。)
みなさまこんばんは。
今日は夏ような気候でしたね。
お元気でしたでしょうか?

今日は「アノ」お話です。
-------------------
アポロ11号が月に着陸したのが1969年の7月。
僕が小学校6年の時だった。
すごい感動だった。

13号の事故により計画は縮小されたものの、17号まで無事に何人かの宇宙飛行士が月に行った。

「アポロねつ造説」。
一時期随分話題になった。
あの一連のアポロはデッチ上げである、と。
あの映像や音声は地球上で撮ったものだ、と。

例えば、真空なのにたなびく星条旗、複数の光源、日蔭なのに明るい、星がない、等々。
なかなか鋭い指摘だったが、これらの多くは科学的な回答がなされている。

今では、アポロは「ほぼ」実際に行ったのだ、と見られている。

ただしである。
僕の意見だが、あの映像や写真の全てがリアルというわけではない気がする。
例えば、山を背景に写した写真は、アメリカの訓練場所の景色と全く一致する。
飛行士が月面を跳ねて走る場面や月面車の動きなども不自然な気がする。

もし万一現地からの映像がエラーになった場合のバックアップのためとか、もし想定外の何かが存在していた場合の防衛上の措置からとか、の理由で「人工の」映像を流すオプションはあり得るだろう。

でも、そんなことよりももっと大変だったことは次のようなことだと思う。
11号の月着陸船は着陸地点を探すうちにコンピュターがビジーになってしまたっため、手動運転に切り換えた。
しかも燃料は残り数十秒分しか残っていなかったそうである。

もし燃料切れになりそうになったら着陸を断念し司令船に戻らないといけない。
だからギリギリの判断をしたということになる。歴史がまさに変わっていたかもしれなかったのだ。

11号のオルドリン飛行士が何度かテレビに出演した。
興味深いことをいくつも言っていた。
中でもびっくりしたことがある。

月着陸後、着陸船の中で何か作業をしていたところ、誤って再離陸用エンジンのスタートスイッチの柄を折ってしまったのだと言う。
何かがその「柄」(スイッチの取っ手のようなもの)にぶつかってしまったらしい。
柄がもげてしまいスイッチを操作することができなくなってしまった。だから月から離陸することができない。
えらいこっちゃ!

そこでオルドリン氏はどうしたかというと、ボールペンでそのスイッチをつつき、無事にスイッチを入れることができた。
何ともまあ!

それとか、アームストロング船長とオルドリン飛行士のどちらが「最初の人間」(the first man)(注;あの当時はmanという言葉を人間の意味でも使っていた)になるかについて、最後までもめていたそうだ。

いずれにしても、難多きアポロ計画だったようだ。
スポンサーサイト



テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは♪
今日も面白いお話をありがとうございます(#^.^#)
映像の話は素人にはどこまでが真実なのかわかりませんが、
どちらが最初の人間になるかもめたという話は聞いたことがあります(笑)
それにしてもオルドリン飛行士、ボールペン持っていてよかったですね(笑)

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
はい、科学ミステリーならお任せください!
というか、いろんなジャンルで「へえ~っ」ていうネタは満載でございます。

華やかな話題を巻いたアポロ11号でしたが、こんな生死の縁をトリビア的に乗り越えたなんて、驚きでしょ(?)

真実は小説よりも奇なり、ですよね、ホントに。

ミステリー

こんにちは。
科学ミステリー、いいですねえ!
つい先日、「ケプラー疑惑」という本を買ったんです。ケプラーは、ティコ・ブラーエの観測データが欲しくて、彼を毒殺したんじゃないかという話。まさにミステリーですね。

アポロでいうと、旗がなびいてるとか、星が見えないとかは、まあ理由に納得できるんですけど、月面は大気がないから地球とは遠近感が異なるように見えるというのが、実感としてわかりません。遠くにある山なのか、近くの丘なのか、パッと見ではわからないという話です。(だから月面での移動は目視が当てにならず、危険を伴うのだとか)

いえ、NASAの説明を疑っているわけじゃなくて(苦笑)、説明を頭では理解できても実感がわかない。大気のない世界で世の中を見た経験がありませんからね。

そう考えると、ぼくらは地球という環境で「なにか」を見たり感じたりして、それを「正しい世界」と思っているけど、この環境から出たら、世界はまったく違って見えるんでしょうね。見てみたいですねー、文字どおりの意味での別世界を。

TERUさん

こんばんは。
はい、科学ミステリーなんですけど、この分野はまさにTERUさんのプロフェショナルですね。
アポロねつ造説についてTERUさんならどう書かれるか、興味があります。

ケプラー疑惑ですね。
これまた興味深い話題です。
科学のせめぎ合いも古来からあるテーマですね。

そしてアポロ。
TERUさんの着眼点は真空での物の見え方、感じ方ですね。
なるほど!
遠近感はないし、そればかりかあらゆる感覚が地球上とは違う。

ねつ造説以前の問題で、別世界の感覚に思いをまず馳せるというわけですね。
今日も素晴らしいお話、ありがとうございました。

No title

"「人工の」映像を流すオプション"というのは
あったかもしれませんね。

ボールペンの話は初めて知りましたが
面白いエピソードですね。

以降はよもやう「柄」が折れないような形状というか位置に修正されたんでしょうね

面白半分さん

こんばんは。
ポールショックはもう抜けきりましたでしょうか?

人工の映像を流すオプションはあったと思います。
噂話ですが、オーストラリアでは一足早く衛星放送を始めたのですが、コーラの缶が映っちゃったというのを聞いたことがあります。

スイッチの柄、その後改良されたことでしょうね。

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード