男の料理・・・いつから??

みなさまこんばんは。
雨ですね。
みなさまのところはたくさん降ってますか?

今日、昼間にカウンターが88888人を越えました。
仕事中でしたので、どなたがこのおめでたい番号を踏まれたのか、わかりませんでした。
お心当たりのある方はお知らせください。熱いメッセージを差し上げます。
----------------------------
前回の料理の記事には思いのほかたくさんのご関心をいただき、とてもうれしく思いました。
とてもありがたかったです。
でもちょっとだけ意外でもあるんです。
なぜなら、僕らの世代ですと「男子厨房に入るべからず」ということを盛んに言われて育ったのです。
男が料理をするというのは昔(4、50年前)はうしろめたいことでした。

僕の父は今94歳、大正生まれです。太平洋戦争にも兵隊として参加しました。
父はおそらく一度も料理を作ったことはないでしょう。

僕と姉が子供の頃は盛んに次のようなことを言っていました。
・お百姓さんが汗水たらして作ったお米なんだから、一粒も残してはいけない。
・日本人は米を食べているから優秀だし、元気なんだ。
・大豆は畑の肉だ。
・何でもありがたくいただかなくてはだめだ。

味がおいしいとかまずいとか、料理の良し悪しとかセンスとか、そんなことは贅沢の話であり、質実で真の栄養のある物を黙々と食べることこそ美徳だ、と言わんばかりだったのです。

しかし僕は子供の頃から料理は好きでした。
母が料理を作っているのを見るのが好きで、作業を手伝うのが好きでした。
父は父で機械の専攻でしたので、機械や電気を僕に教えるのが好きでしたし、僕も好きでした。
僕はつまり、子どもの頃からモノをいじるのは好きでしたね。
その感覚で料理も好きだったのだと思うのです。
そしてひいてはそれが、大人になってから科学実験や材料の物性を測ったり簡単な装置を作ることにも感覚がつながっていったのだと思います。

さて子供の頃。
とにもかくにも、父は僕が料理を作るなんてとんでもないと思っていたので、父のいない時間を見計らって母にお願いして作業を手伝わせてもらっていました。
最後の煮たり焼いたりするよりも、材料を一次加工するような部分がものすごく好きでしたね。

料理って化学や科学の現象でもあると思います。
その料理の一次加工はなぜそうやるのか、子供ながらに興味が大きかったですね。

そして時は流れ、社会のいろんな価値観も変わってきました。
男性が家事や育児に積極的に参加すべしという流れから、料理も男性がすることに違和感がなくなって来たし、やるべき場合も多いことは十分にわかります。
そういう意味で役に立つというかありがたい意味で尊ばれるのはわかるような気もします。

でも料理をやる男性が素敵というのはどういう意味なんだろう?
わかったようなわからないような。堺さんの番組などの影響?
少なくとも僕の中には料理というものが男性的魅力をアピールする道具には使ったことがなかった。
むしろ女性のお株を奪うようで遠慮してきた面もあるくらいです。

不思議だけど、まあいいか(^^)/
あまり考え過ぎないようにしようかな。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます♪
本当に仰るとおり、料理ってとっても科学的要素があると思います。
調味料の組み合わせで変化するし、下処理も大事だし、
肉や野菜の切り方ひとつとっても変化したり、
加熱の仕方等、大昔からの先人たちの色々な知恵と実験結果が
受け継がれてきているんですものね(*^_^*)
昨日、面白い記事を発見しました。
お料理の得意な方はご存知かもしれませんが
「いり酒」と言われる調味料です。
江戸時代、まだ醤油が庶民の間に普及していなかった頃に
醤油のかわりに作られていたものだそうです。
日本酒に梅干しと削り鰹を入れ、煮詰めたもので
低塩調味料として使われていました。
今度、作ってみようと思ってます(^_-)-☆
上手にできたら当ブログでも紹介させていただきますね♪
料理は発見だらけですね(*^_^*)

「男の料理」・・・
堺大先生の影響もあると思いますが、もこみち君の活躍も
大きいでしょうね~♪
プロの料理人に男性が多いように、本来は男性の方が
料理に向いているような気がしますよ(*^_^*)

そふぃーおばさんさん

おはようございます。
早朝からとっても気合のこもったコメントありがとうございます。

料理が科学的な現象の所産であること、本当にそうですね。
そしておっしゃるように先人らの偉大な実験結果の積み重ねと試行錯誤のおかげですね。

「いり酒」ですか。
初めて聞きました。
でもお聞きするに、日本人らしい発明だと思います。
そういう工夫は日本人は得意ですね。
世界のいかなる国よりいろんな物を試すのが日本人だと思います。
是非作られて紹介してくださいね。

もこみち君ですね。
実は名前しか知らないんです。
今度見てみます(って何をどう見たらいいんですかね?)
本来男性の方が得意ですか・・・女性も得意な気がしますが、どうでしょうね。

ところで、そふぃーおばさんさん、料理をする男性はポイントが高いと前回おっしゃっていましたが、それはなぜですか?
また、一般には料理をする男性は魅力的という最近の風潮ですが、男性の魅力を感じますか?
今回の記事を書くことになったのは、それを知りたかったためなんです。
お時間のできた時で結構ですので、是非お聞かせいただけましたら幸いです。

No title

こんにちは^^

>僕らの世代ですと「男子厨房に入るべからず」ということを・・・
>質実で真の栄養のある物を黙々と食べることこそ美徳だ
>料理って化学や科学の現象でもあると思います
>そして時は流れ、社会のいろんな価値観も変わってきました

『料理』っていろんな事を考えさせてくれますね☆
STさんのカテゴリ“料理”今後の展開楽しみです。

いずれ、拙ブログでもご紹介するかと思いますが、
おいらは、料理とは、『哲学』であり『究極のマネジメント術』と
位置づけております^^;

>料理というものが男性的魅力をアピールする道具には使ったことがなかった。

 ↑ ↑ ↑

さにあらずです。 ほいほい釣れます(笑)

No title

再登場です(笑)

ごめんなさい!!
肝心なところをお伝えし忘れてました(^_^;)

料理をする男性はポイントが高いと前回おっしゃっていましたが、それはなぜですか?
   ↑
おそらく、日本の古い慣習「男子厨房に入るべからず・・・」的な
最後の世代であったせいか、男性が料理をすることの意外性みたいな点に惹かれるのと、パートナーが料理好きだったら
どんなに家事がラクチンなんだろう♡という思いがあるからでは
ないかと思います(^_^;)
単に料理好きというだけではダメで、後片付けも完璧に
こなしてくれる相手だったら、もう最高ですね~♡(笑)

もちろん、男性的魅力も感じますよ。
男性が手際よく料理を作っている姿って
とってもセクシーだと思うのは私だけかなぁ~(^_^;)
変なオバサンだったりして(笑)

Mr・へぼいさん

こんにちは♪
へぼいさんのところは雨はいかがですか? こちらは今のところそれほどではありません。

料理とは、『哲学』であり『究極のマネジメント術』と 位置づけ。
うーん!!
男としては思わず大きくうなずいてしまう。
具体的にはどんなことなのか、是非ブログでご紹介くださいね。
へぼいさんの料理の記事も今後とっても楽しみです。

ほいほい釣れますか!
あらま(^^)!!
ならばおいらも・・・・なんちゃって(笑)

引き続きお体にはお気を付けくださいませ。

No title

何度も登場してすみません!!

さきほど、
「後片付けも完璧にこなしてくれる相手だったら、もう最高ですね~♡(笑) と書きましたが、美味しい料理作っていただけるなら
後片付けくらい、厭いません(キッパリ!!)(笑)

そふぃーおばさんさん(再び)

早速の再登場ありがとうございます!
そふぃーおばさんさんの再登場ってとってもイカしますよ。大好きです。

そしてありがとうございました。
とってもとってもよくわかりました。
3つくらいポイントがありますね。

料理そのものをやる姿もさることながら、食べる人への思いやりとか、気持ちの温かさなども含まれるのでしょうね。
料理というか家事というか、従来女性が負担してきた部分も男性が請け負うという意味もあるでしょうね。

一時期ジョン・レノンが家でパンを焼いたり育児をしたり、にも通じるのかもしれませんね。

そして、セクシー??
具体的には何を? と聞きたくなりますが、ここは想像にとどめておきましょう。

いろいろありがとうございました。
一言で料理とは言えないいろんな面と関連していそうですね。

そふぃーおばさんさん(再び、再び)

すみません、2回目の再登場、今気付きました。
ありがとうございます!
そして了解でございます。

よい料理なら後片付けは厭わない。
それはとても優しいお気持ち。

でももしおもてなし道を極めた男性であれば、後片付けも完璧にこなす人もいるかもしれませんね。

おはようございます(^o^)

最近は、共働きの若いカップルも多くて
男子が料理するのも珍しくはないですね。

息子も料理に興味があるようで
先日は「終電ごはん」って料理本を学校帰りに買ってきました。
その中の水餃子スープは、なかなか美味しかったです。

将来、ST Rockerさんのように料理にも興味を持つかも。
でも、残念ながら理系男子ではなく、文系に進みそうですけど・・。

No title

男性のお料理って美味しくて好きですよ。
男性特有のこだわりがあるような気がしてます。
ドイツ人は女性と同じように料理も掃除もこなします。
しかもとても上手に。

男子厨房に入るべからずって言葉は今は通用しないかも。
今は女子も社会で活躍する時代。
家庭では夫の助けが必要だと思います。

はなきゃべつさん

こんにちは。
雨はいかがですか?

はい、最近は共働きカップルが多いですね。
そうでなくても「お弁当男子」が職場のあちこちで見られます。

息子さんやってますね(笑)
僕も小さい頃から母親と料理の話をよくしてきたので、気持ちよくわかります。
これから楽しみですね。

文系はいいですよ。
僕も今度生まれ変わったら文系を勉強してみたく思います。

太巻きおばばさん

おはようございます。

仕事関係のドイツ人が「これからとても暑くなる」と言っていました。
太巻きおばばさんの所はいかがですか?
日本は大雨です。

男性の料理へのこだわり、人によりその内容はそれぞれでしょうけど、あるかもしれませんね。
僕もドイツの男性のようにしっかり何でもできるようになりたいです。

そしておっしゃるように、今や料理その他家のことも夫がしっかりこなしていかないといけないですね。
よい週末をお過ごしください。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード