苦手な環境に我が身を置いてみよう + 課題曲録音

みなさまこんばんは。
今日は初夏らしいカーッとした日照りが戻ってきましたね。
お元気でしょうか?

昨日は温かい拍手とお言葉をたくさんいただき、本当にありがとうございました。
また初心に戻り、全力投球の記事を心がけてまいります。
よろしくお願いします。

今日は私の体験に基づいた体当たりの人生論です。プラスピアノ弾き語りをちょっと。
------------------------
新しい方のために名前の由来をお話ししましょう。
STの意味はScience & Technology(科学・技術)です。
つまりST Rockerとはぶっちゃけ、「理系のロッカー」という意味です(笑)

僕は高校生の頃までは、学校の成績こそよかったものの、おとなしく人付き合いが苦手で、ぱっとしなく、暗い感じがして、いわゆる社交性のない少年でした。
わりと女子にはモテたのですが、それは男として人間として魅力を感じてのことではなかった気がします。
小さい時から人一倍好奇心があったのですが、運動を積極的にやらず、陽気に人と交わらない少年でした。
そんな自分が嫌で、小さい時から大きな劣等感を持っていたのです。

そうした自分の殻を破り自己を改革することに小さい時から取り組んで来ました。
そしてその核となる考え方が今日のタイトルであるところの「苦手な環境に我が身を置いてみよう」なのです。

この考え方は説明は全く不要です。なぜなら、全く読んで字の如しだからです。
苦手な環境に身を置くほど人は成長するのです。
では私自身の体験談です。

一番早いのが中学の運動部入部でしょう。
運動は苦手と自他共に思っていたので、運動部のガラでは全然なかったのですが、誰に強制されたわけでもなく「運動部に入らないとだめだ」とおもったのでした。
卓球部に入ったのでした。
そしたら、自分は思っているほど運動が全然できないわけではないんだと気付きました。
運動といってもあらゆる種類の運動があるので、どれも苦手なんてあり得ないと思います。

以来この歳(56歳)になるまで、「自分はこうである」というのはいかに思い込みに過ぎないのかがわかったのです。
50歳でも進化するのですから、小さい頃、若い頃の自分の姿のイメージなんて全然中途段階に過ぎないわけです。

運動に限らず、性格も、好みも、行動も、人間は大きく変わることができるのです。

運動に関しては、その後も30代でマラソンをやったり、その後は登山をやったりしています。冒険も行いました。
45歳過ぎて筋力がかなりアップしてきています。

もう一つの大きな劣等感であった社交術。
結構根っからの理系人間ですから、話が理屈っぽくなりがちです。
物事の真理を追究したり、研究するにはいいのですが、若い人の指導や地域社会での交流などはこれでは難しいです。

そこでまずは、大学の時は、わざと文系学部中心のサークルに入り、そこで文系の猛者(もさ)たちと交流しやり合い、時に青春を燃やし、そして時には恋に落ちる。
なかなか僕には大変な努力を強いられましたが、最終的にはそこの副幹事長を務めました。
ここでの人間関係の切磋琢磨は多いに役立ちました。

その後も数え切れないくらいの「苦手な環境」にわざと身をおいてきました。
その中でも大きな努力は、地域の人達との交流です。
恥ずかしい話ですが、典型的な理系の人間はこれが苦手なのです。
専門の話や会社の話など全然しないで、人間力だけで交流する。
具体的には市のスポーツ施設でできるランニングや登山仲間との交流です。
最初の頃はぎこちない話しかできなかったのが、今やジムではこちらからにこやかに笑い、話しかけるのがうまくなりました。

とにかく笑顔ができましたね。50になってやっと笑顔の自分ができたのです。
カラオケスナックにポンと入ればモテるようなおじさん。

それとか町会長を買って出たり。

あと、音楽では、クラシックピアノを中心とするサークルに2つお世話になったことも自分の幅を広げましたね。
ロッカーはロッカーの交流があります。当然ですね。
でも普通はロッカーとクラシック愛好家の間では積極的な交流はあまりありません。
得る物は大きいですよ。

理系の人間というのは研究とか職場は未だに男性中心社会です。
ご家庭の主婦の方とかの女性の方々との交流というのは普通なかなか難しいことです。
でも地域のサークルに入ったり、ブログをやることによりこうしたことが可能になり、それまで苦手だったコミュニケーションが改良できるチャンスがあるのです。

また、職種の変更、プロジェクトの変更、転職、外国人との交流、あらゆる趣味に果敢に挑戦することなども、これまで取り組んできました。

もうほんとに苦手なことばかりやってきた56年だったと言えるでしょう。
よく「STさんはいろんなことができていいですね」と言われます。
でも僕は「とんでもない」と言いたいのです。
なぜなら与えられたものなんてほとんどないのですから。
苦手な環境に身をおいてきただけなのですから。

さて、今日の録音は課題曲のMy Love。
ある所で発表するんです。
本番のつもりでICレコーダーで一発録りしてみました。
まあまかな。でも間奏のところ+1か所でミス。
間奏もまだまだだなあ(^^;

My Love_20140614(1)
スポンサーサイト

テーマ : より良く生きる!
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おめでとうございます(^O^☆♪

ST Rockerさん 9万人突破おめでとうございます*\(^o^)/*
桜ようかんは、その日 9万4人目でした。
STさんは、小さい頃から何かを考えて計画を立てて 頑張ってこられた方なのですね!
苦手な環境にわざと身をおく、とっても難しい事です>_<
誰しも、苦手からは逃げたい…桜ようかんも その1人です。
STさんのように、努力していきたいと思います☆☆☆
これからも、ブログ楽しみにしています*\(^o^)/*

仕上がってきてます

俗に言う「だんだん良くなる法華の太鼓」ではありませんが、昔に比べると、リズムも正確で、歌も高音が伸びていて、すごく仕上がっていると思います。

ST Rockerさん自身が、書かれているように、間奏などで、演奏がとまったり、コードを間違えている箇所があって、おそらく暗譜して演奏されるからでしょうが、もし、どこ人前で披露するならば、何も見ない方が格好良いとはいえ、メモ程度の譜面を置くほうが良いかもしれません。

でも、何も見ないで弾くこと自体、苦手なことへの挑戦なのでしょうね。

桜ようかんさん

こんにちは。
今日はお休みですか?
お休みが不定期でしょうから本当に大変ですね。

コメントありがとうございます。
でもですね、これを書いた後少し後悔もしたんです。
書いたことは自分的には事実だけど、あまり受け入れられないのでないか、と。
桜ようかんさんは苦手なことにも果敢に挑戦されていると思います。
もっともっとやられればいいのではないかと思います。

僕もまだまだ勉強すべきことがいっぱいです。

ギターマジシャンさん

こんにちは。
いつも本当にありがとうございます。

もうかなり前からそうですが、ギターマジシャンさんは僕以上に僕のことをわかっていらっしゃると思います。

僕も実は最近ですが、楽譜を見ながら弾くのも悪くはないのでは?と思い始めたとこなんです。
何も暗譜だけがすべてじゃない。
大事なコメントをいただき、感謝です。

まだまだ進化していくST Rockerさん、ですね!

私も見習って頑張ま~す(^O^)

花音さん

今日もありがとう!
そうなのよ、一生勉強だからね!
花音さんは若いからじっくり頑張ってね。

今晩は☆

苦手な環境に身を置く。
素晴らしいですねー。
いまのST Rockerさんが出来上がる所以ですね。
私は 長い間、真逆の発想しか出来ずにいました。
価値観の合う人ばかりを求め、そこで ぬくぬく安心したり。
まぁ、合う人なんて そうそう居るものではないのですけど。
苦手な環境に 敢えて飛び込む習慣を付けてる方が
人生 楽しいものですよね。私も ようやく ここ近年 気付けてきている気がします。。。♪

mae。さん

おはようございます。
コメントいつもありがとうございます。
価値観の合う人と同じ体験をするというのも大事なことだと思います。
価値観が同じか違うかと得意か苦手かはまた少し違うのではないかと思います。
価値観が同じでもやり方が苦手とかやらず嫌いのような場合があるのではないかと思います。

僕もまだまだ人生、勉強です。
mae。さんはまだお若いのでじっくりいろんなことをやってくださいね。

スッキリしました!

名前の由来が分かってスッキリ♪
以前から気になっていたので^^


>その後も数え切れないくらいの「苦手な環境」にわざと身をおいてきました。

 まさにST Rockerさん!と言える発言だと思います。
 なかなかできることじゃないですよ。素晴らしくて尊敬します☆


No title

こんばんは♪

私、どうしても楽して生きていきたくなる傾向が強いようです(^_^;)
でも人生そうそう楽させてくれず、
苦手な環境や苦手な相手との中に身を置かざるを得ないことも。。。
そんな時こそ、人間として成長できるんでしょうね。
辛いけど、朝の来ない夜はないってことですよね。
楽してばかりじゃ、人の心の痛みもわからずにいるかもしれない。
今日も勉強になりました(*^_^*)

ももこさん

あれれ、ももこさんには名前のこと言ってませんでしたっけ?
そうだっけ???
もしそうなら大変ごめんなさい。

先日略号の話ししていて、自分の略号を話さなかったら片手落ちですね。
失礼!

いやいや、尊敬だなんて。
ある方曰く、ただのマゾじゃないの?って。

そふぃーおばさんさん

こんばんは。
今週もお仕事お疲れさまです!

そふぃーおばさんさんはいつもそのようにおっしゃいますが、楽をして生きておられる方ではないと思います。

やはり大変な環境でのお仕事なども多いことでしょう。
そういう場できちんとこなしておられるでしょうから、今のそふぃーおばさんありなのだと思います。

朝の来ない夜はない。
こちらこそ身に沁みて勉強になりました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード