落ち込みやすい人へ、それはあなたの力量が大きいからだ!

みなさまこんばんは。
今週は忙しいですよ。
お天気も厳しいですしね。

今日は昨日の続きです。
---------------------------------
昨夜は、目標とか相手を無限大の大きさと捉えてしまうと、成功確率が限りなくゼロに近づいてしまう仕組みを紹介しました。
成功確率が限りなくゼロに近づいてしまうことこそ「落ち込み」を意味すると思います。
もちろん、僕の考える仮説です。
でも、そう大きく外れていないだろうと思っています。

ではなぜ目標とか相手を無限大の大きさと捉えてしまうのでしょう。
今日はその理由とメカニズムを推定します。

今日は話を簡単にするために、男女間の恋を例として推定を試みます。

Aという女性とBという男性は既に相思相愛の恋の仲です。
お互いにかなり相手を好いています。
ある時、Aの前にCという男性が現れます。
AとCは恋の仲ではありません。少なくともAはCを単なる知り合いとしか思っていません。
Bは、AがBのことを言うまでもなく十二分に好いていることもわかっていますし、AのCに対する気持ちも知っています。
にもかかわらず、Bはすっかり自信喪失に陥ってしまいます。
Bはあらゆる精神的および肉体的な研鑽を経て、実戦もこなし、恋の経験も多くその辛酸も十分に舐めています。
なのに、なぜBは大きな自信喪失に陥るのか。

ここで、男女が惹き合うためのファクターを考えます。
ファクターとは例えば、相手を思いやる優しさとか、まじめさとか、何でも構いません。
その男女で共通するファクターを有していれば惹き合い、その数が大きいほど惹き合います。
そして共通のファクターが4つ以上あれば恋仲になると仮定します。(あくまで便宜上の仮定です。)

Aのもつファクターは、①、②、③、④、⑤、⑦の6種類、
Bのもつファクターは、①、②、④、⑤、⑥、⑧の6種類、
Cのもつファクターは、①、②、③の3種類
とします。

AとBは①、②、④、⑤の4つのファクターを共有しているので恋仲です。
AとCは①、②、③の3つのファクターを共有しているので、互いに好意は持っていますが、恋仲ではありません。

さて、男性Bが、女性Aと男性Cの交流を見て、大いに焦り極端な落ち込み(=自信喪失)に陥ってしまいます。
傍から見れば、たった③一つがないだけなのに! と不思議に思います。

でも計算してください。
Bのファクター③はゼロで、Aは1なのです。
1/0は「無限大」です。
どうですが、たった一つでもゼロから見たら無限大なのです。ならば落ち込みます。これが理由です!

では、落ち込まない人ってどういう意味でしょうか。
1/0という計算にならない人でしょうね。
ということは、自分に③がないことが自覚できない人でしょう。

余談ですが、数学で「ゼロの発見」という話があります。
ゼロの発見は実は偉大なことだったのです。
閑話休題。

自分に③がないことに気付かなかったり、そもそも③というファクターの存在さえ見えない人には、落ち込むメカニズムがありません。
ということは、逆に言うと、落ち込む人は力量が大きいということです。今日の結論の一つです。

ならば、落ち込む人が力量が大きいならば、さらにもっと力があると見てもいいのではないでしょうか。
まずは、1/0から少しでも脱却するために、自分もそのファクターを身に付ける。
仮に0.1まで来たとする。すると1/0.1=10だ。
大きいけど達成不可能ではないかもしれない。
ならばAさんにも協力いただいて、ファクター③で共有できる部分を作ってもらう(昨日の記事で言えば湾や生簀を作る。)

また、別の例としては、男性Bはファクター⑧を持っていますが、女性Aはない。
もしAが⑧のゼロを自覚しているなら、その苦しみを和らげる協力をするべきだし、ゼロを自覚していなければ、相手に自覚していただく工夫をし、しかも苦しまない程度に共有するようにする。
そうすれば共有するファクターの量が増えていき、さらに仲が深まる。

まとめると、落ち込みやすい人は、自分や相手のことを解析することに長けた人である、そして苦しみがわかる分、互いに改良をし、その結果、苦しみが大きな喜びに転ずることができる、ポテンシャルを持っている人と言えるでしょう。

男女の恋仲だけでなく、仕事の目標、親子や上司・部下の間柄、などなどどんな関係においても、落ち込みやすい人は力量が高いのではないでしょうか。

落ち込んでいる方々へ、発想を変えて、頑張ってください(^^)/
スポンサーサイト

テーマ : 壊れそうな心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今晩は。

なるほど…。と思いました。
私はBタイプですねぇ。すぐ落ち込む。
気にする人と、気にしない人。
気付く人と、気付かない人。
なぜ、分かれて存在するのか…と よく考えています。
確かに、自分は とても細かいらしく、仕事面でも色々と気付いて指摘してしまいますし、プライベートでも 人の心模様が非常に気になります。
そういうことなのだな…。と、
ST Rockerさんの記事をみて おもいました。
過敏な日々ですが、それなりに誇りをもっていよう!
と おもいました!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

 えっと、私の理解力がないせいか、文章をよく読んでいないのか判りませんが、私はどのタイプとか判りません。

 はい。今落ち込んでいます。人との付き合いがうまくいかなくて。冗談を言ったつもりが相手は非常に失礼に感じることもあって。

 力量…高いかな~。「自慢ばかりで人を攻撃するブログ」とか言われてしまいました。ぅえ~~ん。
 

mae。さん

こんばんは。
最近過ごしにくい天気ですね。
ありがとうございます。

mae。さん落ち込むタイプですか。
ならば力量が高いと思います。
気付いたり気になったりすることに決して引け目を感じないでください。
それは力量の高さの証拠ですから。
その力量から是非プラスのアウトプットを出してください。
毎日、いろいろと大変なこともあると思いますが、大丈夫です。

鍵コメさん

こんばんは。
素晴らしくて素敵なコメントで感涙です。
また、光栄で過分なところも含め鍵コメさんの優しさいっぱい感じます。
そして、わかりました!

ひねくれくうみんさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
落ち込まれるタイプとのことですね。
きっとお力は高くていらっしゃるのでしょう。

ブログのコメントとしてそのようなことがあったということで、お察しします。
大丈夫です。是非気にされず、持ち前のパワーで書いてください。

勉強になりました(*^^*)

ST Rockerさん おはようございます(^O^☆♪
前回、今回の記事 とても良かったです。桜ようかんは、割と考え込む性格なのですが、対人ストレスが無い時は 考え方変わる傾向にあります。
恋愛を例えたお話で わかりやすかったです(#^.^#) ヤキモチは、こういう事によって起こるのかなぁ〜と、更に膨らんで考えてみました。

No title

自分にはないものと気づいて落ち込んで、
そこからプラス思考で喜びに変えられる人はほんとにすごいな~って思います。周りにもいい影響を与えます。

逆に嫉妬心を燃やされると、怖いです…

そのメカニズムは
なるほどって勉強になりました!

う~ん....今夜も寝られなくなりそう~ (笑)

こんばんは♪
落ち込みやすい、私もそのタイプかも~
反省する事が多いです。

記事をを読んでいると、そのような見方も出来る気はしますが、
自分を分析すると力量があると思えないです~
同じように自覚しても、落ち込まない人もたくさんいそうな気がします。
人の性格は複雑です。
でも、短所も見方をかえれば長所になりますね^^

桜ようかんさん

こんばんは。
桜ようかんさんは、考え込んで、そして考え方を変えることのできる方だと思っています。
そしてそれこそ力量が大きいのではないでしょうか。
恋愛でのたとえ話、正しいかどうかわかりませんけど、一応説明はつきそうでしょ。
今度試してみてくださいね。

honey*caramelさん

こんばんは。
ありがとうございます。
僕は前々から、落ち込むほどの悩みというのはどうして自己コントロールもできないほどの悩みになってしまうのか、について大変関心がありました。
そして考え抜いた末、「立ちはだかる壁が無限大の大きさに捉えていることこそ、そのような悩みである」ことを突き止めました。
この発見を核にいろいろ考えていくと、今回のような解析となりました。
落ち込む自分を見て、「ああだめだ」と思うか、「いや、これには必ず何かの理由があるはずだ」と思うか、の違いだと思います。
建設的な発想は、必ずやプラスの結果をもたらすと考えます。

栗りんさん

こんばんは。
栗りんさんは落ち込みやすいタイプとのことで、やはり力量はおありなんだと思います。
もし僕の仮説が正しいとするなら、そのお悩みはプラスに転ずることができると思います。

栗りんさんのブログはいつも見どころ満載ですよ。
素晴らしいことだと思います。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード