ここ数日失礼しました

みなさまこんばんは。
ここ数日ブログも更新できず、またみなさまへも訪問もできずに失礼しました。
いかがお過ごしでしたでしょうか?

私自身、先週来かなり忙しい日々が続きましたが、いずれも得るものが多く、勉強させてもらった部分も多かったでした。

ここ数日の提案を少しまとめてみます。
-------------------------
ある目標の達成とか、パートナーへの気持ちの成就とか、何かを成し遂げたい場合に、「絶対不可能」だと落ち込んでしまうことがあるのは一体なぜなのか、そしてそれを解決するにはどうしたらよいのか。
最も根源的かつ重要な人間の問題ですね。

当ブログにおいては、以前から様々の切り口からこの問題に取り組み、提言してきました。

それにしても、「絶対不可能」だと落ち込んでしまうあの状況とは一体何なんだろう、とずっと疑問に思ってきました。
そこで今回閃いたのが、数学によるアプローチです。

「困難な状況」に対して、もしある程度の数値的な見積りができたとしたならば、難しいにしても目途がついてくることでしょう。
目途もつかず、ただただ底なしの辛苦を味わい、あたかもブラックホールに吸い込まれるが如くの落ち込み。
それを僕は「無限大」と考えたのです。

対象が無限大の大きさになってしまっている。本当はそんなことなどあり得ないのに。
(もちろん、「宇宙の果てまで行く」のような目標の大きさは無限大です。でもそんなケースは日常の目標の中にはないでしょう。)

そして、数学的に考えて行くと、対象の大きさが無限大になるには、対象自体が無限大の大きさである、または自分が(その目標に関するスキルとして)ゼロである、の2つのケースがあるだろう、と。

特に後者の「自分をゼロ」と思ってしまうことが、落ち込みの主たる原因である、と言えるのではないか、と。
実際にゼロであることなどはほとんどないので、自分で自分をしっかり自覚し、もし相手がいるなら協力を得て相手の数値化もより客観的に行い、「目標の数値」割ることの「自分の数値」を現実のものに近い値としてしっかり自覚することこそが、無用な悩みをなくす最大の方策である、と。

以上の考え方は、数学による比喩です。
数学を持ち出さなくても、悩みを客観的に見つめ、鳥瞰すれば、大抵は「ああなんだ、こんなことか」というように落ち着いて見ることができるはずだと思います。

P.S. まだ少し忙しい状態が続きます。みなさまへの訪問は徐々にさせていただきます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 壊れそうな心
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

おはようございます。
遅い時間にとても素晴らしいコメントをどうもありがとうございました。
とてもうまくまとめていただきました。
おっしゃる通りです。そのように考えてこれから生きていきたいと思います。
鍵コメさんも。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード