またいっちょやる機会が訪れた

みなさまこんばんは。
いやいや蒸し暑いですね。
そしておまけに超強力台風が。
昔は台風はもっと赤道に近い方で発達したんですが、最近では日本列島に近づいても衰えず、あるいはむしろ発達したりします。
気を付けましょう。

頑張ってるといいことありますよ。
------------------------
最近の僕の記事は禅問答みたいな話が多いと感じていらっしゃる方も多いでしょう。
たしかにそのムキも無きにしも非ずですけど、結構大事なことを言っているつもりではあります。

なので、最近のお話をまず、ちょっとまとめてみますね。

何かの目標とする対象がある。
何かの努力目標でもいい、対人関係を円滑にしたいその相手でもよい、成就させたい恋の相手でもよい。
その対象の大きさを無限大と捉えてしまうと、計り知れない困難になってしまい、多いに落ち込むのである。
したがって、対象の大きさを「定量化」ないしは「数値化」をする必要がある。
それならば、達成のための具体的な計画と方法を立てられる。

問題とする尺度において自分の力を「ゼロ」と置いてしまうと、対象の大きさ(=分子)が有限であっても分母がゼロなので、結果として無限大になってしまう。
だから、相手がいる場合は相手にも協力してもらって自分のゼロ見積りを極力避けないといけない。

次に、物でも人でも考え方でもよいが、新しくて魅力的なものを自分に取り込みたいことがある。
しかもそのものは無限の大きさに見える。(この場合、取り込むので努力目標とは違う。)
そのものが自分にとってすごく有益なのに、そのままとても取り込むことができない。
その理由は、今の「枠組み」ではそれを計り知れないからだ。

そこで人間は、そのような時は枠組みを改編する。
そうすると、その物を取り込めるようになる。

取り込めるということはどういうことなのか。
その枠が、そのものをmeasure(=測定する)ことができるということである。
逆に言えば、取り込みたいものがmeasureできるように枠組みを変えていけばよい。

ま、以上のような流れでした。

そして、また別のこととして最近強く味わったことがある。
仕事上、結構大変な人達とやり合っている、と書いたことがある。
こういった場面でも定量化や枠組み改編やmeasurableの考え方は生きるだろう。
それとは別に強く感じたこと。
それは人間力だ。
人間力が大きいとどんな人でも最後は必ず信頼を寄せて来る。
どんな相手にも粘り強く誠実に振る舞おう。

そしてそして最近の僕の状況として。
またいっちょやる機会が訪れた。
仕事人としては是非成功させたい。

そしてふと休みたくなることが出てくるだろう。
そんなときは子守唄でも聴いてみたくなるだろう。
スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

いつもありがとうございます。
こんな天気ならそうですよね。
でも鍵コメさんは我慢強い方なんですね。
そして僕のこと、ありがとうございます。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード