嗚呼、ドイツ

みなさまこんばんは。
台風ですね。
今のところまだ西側なので、南海上の湿った空気をどんどん運んできます。
超蒸し暑いこと。
でも夜半には風向きが変わり、すがすがしい気候になるはずです。

ドイツすごいですね。
------------------------------
僕は今、ドイツと少し関連のある仕事をしているのと、ドイツ人の知り合いも少しいますので、ドイツのことをちょっと書いてみます。

第二次世界大戦では同盟国であったドイツ。
何かと日本と共通点の多いと言われるドイツ。
でも第一次世界大戦では敵国だったんですよ。(意外とご存じない方が多いかも。)

人口は8,000万人台、面積は日本より小さいので、人口密度はあまり変わらないはずです。
でも、ドイツの方が圧倒的に人口密度が小さい、すなわちどこへ行ってもガラガラの印象です。
その理由は、日本は細長く山だらけなのに対し、ドイツはほぼ四角形で平野だらけ(南部に少しアルプスがある程度)だからです。
つまり活用可能面積がドイツの方が圧倒的に多いのです。

そんなまっ平の地形に鉄道や道路が網目状に発達しているので、どこからどこへ行くのでも合理的にしかも近く行けます。
パスが何通りもあるので、日本のような渋滞やラッシュはありません。

次の特徴は、とにかく背が高い。
北部はオランダ等とともに、世界で最も背の高い地域です。
南部は多少小柄の人もいます。
ドイツ人は自分(176cm)より小柄の人はなかなか探せません。
ドイツのある事業所に備え付けの自転車は、1台として足が地につくのがなかった。

有名なアウトバーン。
僕の体験した最高速度は220km/h。
でも大して早く感じなかった。
車の作りがそれ向きなのと、道路がよいからでしょう。
日本の高速道路はドイツに倣って作ったと言われているだけあって、あのゆるかかなカーブが意図的に作られている感じがそっくりです。

アメリカのハイウェイはひたすら真っ直ぐな道。そして舗装が粗い。
その上を真面目な速度で走る車が多い。
それに対しドイツ人はやたらに追い抜きたがる。助手席に乗っていると恐い。

かつては先進国の中では英語ができないと言われていたドイツ。
でも今やドイツ人のビジネスパースンは英語の実力を多いに上げた。
日本は水をあけれましたね。
でも、ドイツ人の英語は日本の僕らの世代が習った英語と似た言葉遣いをするので親近感を覚えます。
colleague(=同僚)なんて言葉を使います。

さあ、ドイツ、優勝するかな?
スポンサーサイト

テーマ : ドイツ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ドイツー。

昔ボランティアで知り合った真面目なドイツの男の子。
昔乗っていたドイツの車。
ちょっと酸っぱい黒パンとソーセージとビア!

そんな位しかドイツって知らなかったりします。

サッカー…全然分からない~(≧Д≦)

No title

こんにちは。

ドイツのお話されているので来てしまいました。
昨年初めて行ったドイツ。
ほんとうに平野ばっかりでした。
バスで走っていても、
ずっと同じような風景が続いていました。
人口密度、日本とはぜんぜん違いますよね。

女性はきれいな人が多かった。
男性も背が高くてかっこよかったな。
規律を守り、真面目なところは日本人と似ているかな。
またいつか行きたいです。

サッカー、ドイツ応援してます。
優勝するといいな。

こんばんわ

私は最近ドイツ人の女性とお友達になったのですが、やはり英語がちょっとおかしくて、私も完璧でないことから、なんだか話が通じているのかいないのかわからない状態でチャットしてます(*˙╰╯˙*)

よく気質が日本人と似ていると言いますよね。
(彼女はよくわかりませんが)

ドイツには割といい印象をもっています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

花音さん

こんばんは。
花音さんの中にはドイツのいい思い出がありますね。
大事にしてくださいね。
やはりそれだけ、ドイツは個性があると思います。
サッカーも応援しましょう。

vivihiro40さん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
vivihiro40さんの最近のサッカー記事、ほんとに引きこまれます。

以前vivihiro40さんさんがドイツを旅行された時の記事は鮮明に覚えてますよ。
人口密度と人々の特徴ですね。

ドイツのサッカー応援しましょうね。

PHiRoさん

こんばんは。
やはりPHiRoさんのコメントは少しパンチがあります。
だって、たいていなんらかの自らの体験に基づいたコメントだからだと思うんです。

そのドイツ人のお友達の方、大事にしてお付き合いくださいね。

ドイツに対する印象をずっと持っていただいて、交流くださいね。

鍵コメさん

こんばんは。
いつもありがとうございます。
いえいえ、そんな、全然でございます。
僕はドイツ語は全然だめですよ。

お元気ですか?

ちょっとお姿見えないので、
どうしてるかなぁ~と戸をたたいてみました。

お忙しい中、頑張っていることと思います!
お体もいたわって下さいね^^

ももこさん

こんばんは。
すみません!
そしてノックありがとうございます(^^)/
まもまく更新できますので、もう少しお待ちくださいね。

,こんばんは(*^_^*)

ドイツ優勝しましたね~
強かったです。
ドイツは、同じ敗戦国でも、日本とは違って
上手に敗戦処理をした印象がありますが・・(違う?)
一度だけ行ったことがあるのですが
確かに背が高い人が多かったような気もします。
また、行ってみたいです。

はなきゃべつさん

おはようございます。
ドイツ優勝すごいですね。
僕も、多少関係している者としてもうれしいです。
ドイツに以前いらしたのですね。
戦後処理はドイツはとてもうまいですね。
はなきゃべつさんも海外のこととか、いろいろ教えてくださいね。

No title

こんばんは♪
ドイツ優勝おめでとうございます!!
やはり、自分と縁のある国の優勝は嬉しいですよね(*^_^*)

  ↑
気象少年のお話も楽しく拝見しました。
今でこそ、美しい女性の気象予報士さんが大勢テレビに登場しますが、
ST Rockerさんのお祖母様って素晴らしい方だったんですね。
おそらく明治のお生まれだと思いますが、理系女の草分け的存在かも(*^_^*)
でも、昔の方の方が日々の生活に影響を及ぼす
気象に関しての知識って身をもって体験したり
知っていなければいけないことだったりと、
気象の知識が生活に必要なことだったのかもしれないですね。
確か、お祖母様って、鉄道もお好きじゃなかったでしたっけ?(*^_^*)
お祖母様、尊敬しちゃいます!!

シンディ・バーバーさん

こんばんは。いつもありがとうございます。
ドイツ優勝、お祝いの言葉ありがとうございます。
はい、自分のことのようにうれしいですよ。
仕事もすごく知恵を絞る人達ですよ。

気象の話もありがとうございます。
そうですね、祖母の生活の原体験を元に感覚を研ぎ澄ましていたのだと思います。
特別な教育は受けていなかったと思います。
祖母がいなかったら理系に進んでいなかったと思います。
鉄道はですね、僕をおんぶして鉄道を見せに連れて行ってくれたりしました。

尊敬していただくなんて、うれしい限りです。
墓前に報告に行きます。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード