FC2ブログ

お医者さんと薬剤師さんの関係

みなさまおはようございます。
昨日はすごい雨でしたね。
被害に逢われた方、いらっしゃいますか?

夏風邪が流行っています。
罹った方、早く治ること祈っています。
--------------------------
お医者さんの診察を受けて薬の処方箋をもらって、そして薬局に行くと薬剤師さんから病状や薬の経歴などを詳しく訊かれることがありませんか?
「急いでいるから、処方箋に書かれた薬を早くちょうだいよ」と言いたくなることはありませんか?

薬学部を出て今薬剤師をやっている中学・高校時代の友人と話していた際、言うのです。
「医者は薬のことを何もわかっていない。」と。
まあ「何もわかっていない」は言い過ぎでしょうけど、要は、薬の効くメカニズムとか病気との関係とか、飲み合わせとか、副作用とか、そうした薬にまつわる本質的、詳細的なことは医師にはわからない、という意味と僕は理解しました。

ただお医者さんは、治療という意味で薬の投与と治療実績との関係を統計的に把握はしているはずで、いろんな症例ごとのいろんな薬の効果の実績のフィードバックを得て、自分なりの「薬感」があるのでしょう。

友人に言わせれば、患者への最も適切な薬の種類と量と期間の決定は医師と薬剤師との共同作業で行われるべき、と。
それは非常によく理解できます。
なのに、なぜ医師が一方的に処方箋を書くシステムになっているのか。
本当は一方的なものでなく、会社の稟議書と一緒で、医師の確認の証明が「必要」なのであって、最終的には薬剤師が判断する、ということなのかもしれませんね。
事実、薬剤師さんがその処方内容を「不適」と判断したらなら、お医者さんに電話等で協議して他の薬に替えることもあります。
どうも「処方箋」という名称がよくない感じですね。

話は変わり、「風邪」について。
ここで言う風邪とはインフルエンザ以外の普通の風邪のことです。

風邪の原因はほとんどがウイルスなのですが、何百種類もあり、どのウイルスによるものなのか特定はできません。
1種類のウイルスによるものかもしれませんし、複数のものによるかもしれません。
全ての種類の実態が解明されたわけでもないようです。
これらウイルスの中には薬により直接やっつけられるものもあるようですし(ウイルスの種類により薬の種類は違う)、中にはやっつけられないものもあるようです。正体不明のものもありますし。

要は、それぞれの風邪における原因ウイルスの特定をしない限りウイルス直接攻撃の治療はできないのです。そしてそれには手間と時間とお金がかかります。
そんなことをするまでもなく風邪は自然に治ってしまうのです。
ですから、風邪の時にお医者さんからもらう薬は風邪の諸症状を緩和するためだけの対症療法に過ぎないのです。

風邪の諸症状、すなわち、発熱、咳、くしゃみ、などは人体に備わっている防御反応なのであり、またウイルスを体外に排除するための作用です。
ですので、これらを緩和することは自然治癒の効果を減らすとも言えるのです。(ただし症状が重くて体力が弱っているような場合は例外。)

さらに、抗生物質を投与するお医者さんも多いのです。
抗生物質は風邪の原因ウイルスをやっつけるわけではなく、逆に体内で必要な良性の菌までも殺しかねません。

以上のように、ふつうの風邪では薬というのはあまり効果なく、場合により逆効果なので、要は自然治癒が一番よいと、本音では考えているお医者さんも多いのです。
なのになぜ薬を処方するのでしょうか。

あるデータを見ますと、ふつうの風邪でも何らかの薬を飲んだ方が早く治癒した実験結果もあります。
それはおそらく心理的原因による「プラセーボ効果」なのかもしれませんね。

夏風邪の方、早く治りますように!
スポンサーサイト



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 医者の知識ってなんなのかな、と思うことがあります。内科と外科でも、考え方ちがうし、ましてや薬のことは。

 私も医者の言うことが信じられなくてアウトローやっています。じんましんや風邪など、多少のことでは医者にかかりません。

 癌でも医者に行かない人間だからなあ。

ひねくれくうみんさん

こんにちは。
ひねくれくうみんさんの医師に対するお考えはとても骨太のものですね。
実行力と信念がないとなかなかできないことだと思います。

連休はいかがお過ごしですか?

No title

おはようございます♪
ただいま夏風邪と闘っている最中の私です(^_^;)

私もよく思います。
私の友人にも薬剤師がいるので。
処方箋という上意下達方式じゃなく、
お医者さんと薬剤師との密な連携があってもいいのではと。
とはいえ、ちょっとした風邪なら自然治癒力で寝てれば治ると思いますが、
仕事してると早く治さねばとつい薬に頼ってしまいます。
市販の風邪薬って、軽い風邪には効くのかもしれませんが
ちょっとこじらすと本当に効かなくて、今回は病院に行って
色んな薬をもらうハメになりました(ーー;)
いくら寝ててもいい身分だったら、仕事休んで寝てるんだけどなぁ(笑)
サラリーマンの辛いところです。

シンディ・バーバーさん

こんにちは。
そうそう、シンディさん具合いかがですか?
3連休の最終日くらいエンジョイできそうですか?

普段お仕事でご活躍のシンディさんだから、
風邪を召された時くらい特別休暇で休み放題ならいいのにね。

今回は本当に随分大変だったようですね。
薬について書きましたけど、実は僕も風邪ではお医者さんの薬飲みますよ。
純粋な薬の効用以外にも、医者対患者の対話の中で薬が出され、結構効く場合がありますもんね。

一刻も早い全快をお祈りしています!

No title

こんにちは。
ウイルスによる風邪ですよね。
インフルエンザウイルス以外は風邪のウイルスに効果のある薬ってほとんどないと思います。抗生剤も細菌には効果ありますがウイルスには効果ありません。でも風邪で弱った体に細菌が悪さするのを防ぐとか色々な理由付けて処方するのです。そうしないと医師も薬剤師も製薬メーカーもつぶれてしまうからです。その財源は皆さんの税金で8割程度まかなわれるわけです。知れば知るほど必要ないと思ってしまいますがこれが明治から作り上げられてきた国の仕組みです。ただそろそろ構造を変えないとやっていけない台所事情となってます。

あかちんさん

こんにちは。いつもありがとうございます。
また、とてもご丁寧なコメントをいただきありがとうございました。

医療の関係にお詳しいですね。
風邪と薬と業界の間にはそんな関係があったのですね。
大変勉強になりました。

本質を議論しないといけない時期でしょうね。
これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

ご丁寧にありがとうございました。
先ほどお邪魔してコメント書きました。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード