隠れた名街道「松戸街道」

みなさまこんばんは。
梅雨も明け、夏真っ盛りですね! 暑い暑い!
今夜は南関東では雷雨により停電があちこちで起きているようです。
お気を付けください。

今夜は道路のお話です。
------------------------------------
最近の首都高は、ひと頃に比べるとホントに渋滞が減った。
かつては首都高を日中に都心環状線を経由して横断しようとしたら、事故渋滞が当たり前だった。
すんなり通れることなんて滅多(これって死語になりつつあるかな?)になかった。

ところが今はすんなり通れることの方が多い。
路線が増えたことも大きいが、運転が全般に安全になったことが大きな理由のように思える。
かつては100km/h以上の猛スピードで車間を恐ろしく詰めて走る車ばかりだったが、今はそんな車は少ない。

僕が若い頃は、彼女を横に乗せてダブルクラッチ、ヒール&トゥでタイヤを軋ませながら、いかに迅速に首都高を疾走することがステータスだった。
でも今は、「随分安全運転だな」という車に近づくと、ドライバーは若い男性だった、ということがよくある。

僕のブログのプロフィールに書いたように、僕は移動が多い。首都高もよく利用するのだ。
でも、さいたま市→千葉の移動の場合、たまに首都高をケチりたくなることもある(笑)
そんな時に通るのが、今日の表題である「松戸街道」。
松戸の国道298号線の端っこと市川の国道14号線の市川広小路交差点をつなぐ県道のことである。
正式には県道1号線と呼ぶらしい。

この松戸街道。決して広い道路ではない。むしろ狭くてごちゃごちゃしている。
車や自転車、バイク、歩行者の全てが多い。バスもいっぱい通る。信号も多い。
要するに往来の多い街道なのである。

この街道には有名な場所や建物が面している、または近くにある。
例えば、矢切の渡し、東京医科歯科大教養部、千葉商科大、和洋女子大、式場病院(有名な精神科病院)、野菊の墓文学碑、そして国府台公園(桜の名所)などなど。
こうした風情のある所をいっぱい通過する粋な街道でもある。

いかにも常時渋滞しそうな街道なのだが、なんと全然渋滞しないのである! しかも、いつもいつも。
交通は多い。でもとてもスムーズに流れるのだ。
多分信号の系統速度をきちんと設定しているからだろう。
そんなだから、松戸から市川まで15分くらいで行けるのではないだろうか。早い時は10分くらいの気もする。

浦和あたりからは国道298号(外環の側道)を通ればすぐに松戸まで来る。
(ただし草加市内はやたらに信号が一杯あり時間がかかる。政治的に作った交差点の数々だろう。)
また、市川広小路交差点まで来れば、さらに直進すれば原木ICの所まですんなり行く。そしたら湾岸道路(国道357号線)に出てしまえば、千葉はすぐだ。

要は、松戸街道とは298号と357号という「速い国道」をつなぐ重要なパイプ役を果たしているわけだ。
このネタ明かしにより松戸街道が混むことにならないように祈る。

近い将来には外環と298は市川まで伸びるので、松戸街道の意味がなくなってしまうだろう。
それを思うと寂しいものもある。
スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

こんばんは。
今日もとてもお疲れさまでした。
鍵コメさん、そこまででもない気がしますけど。
お気遣いに感謝です。
僕は鍵コメさんをとっても応援しています。

No title

はじめまして潤です。STRockerさんのブログ面白いな〜と訪問しては読ませて頂いてました(^^♪
私も仕事で千葉から松戸まで行くことが度々あったのですが14号から180号の(競馬開催の日は地獄)混む道をひたすら走っていましたよー。1号線という空いている道があったんですね(>_<)知らなかったです!また遊びきますね!

潤さん

はじめまして。
このところおいでいただいていて、本当にありがとうございます。
そして「面白い」と言っていただくのはブロガーにとって何より励みになります。とてもうれしいです。
潤さんも千葉の道を通ることが時々あるのですね。
僕も中山競馬場の道も以前よく通りました。
是非県道1号線(松戸街道)一度通ってみてくださいね。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード