男の戦略、女の戦略

みなさまこんばんは。
昨日から気温低めで湿度が低く、凌ぎやすいですね。
でも早くも元に戻ってきた感じです。

もし違う性別に生まれたら?

今日書きますことはあくまで僕の性別に関する考え方です。
世の中には様々な性に関する考え方があり、僕はその全てを受け入れ尊敬しています。

そのへんのことを十分ご理解いただける方のみ読んでいただきたいと思います。
-----------------------------
中学か高校の英語の授業で初めて仮定法を習う時に必ず出る例文。
「もしも私が鳥だったら大空を自由に飛びたい。」
"If I were (was) a bird, I would like to fly in the sky freely."

現在の事実と違うことを仮定するので「仮定法過去」と言われる。
僕は男なので、「もし僕が女だったとしたら・・・」という仮定法過去を、ごくたまに考えなくもない。
女性の方も同様のことをたまに思うだろう。

不特定多数の男性にアンケートを取ると必ず「次は女性に生まれたい」と答える男性が多いそうだ。
女性も「次も女性」という人が多いという。

でも僕は次も男がよい。
理由はすごく単純。次も「女性という美しい存在」を美しく思いたいからだ。(美しいは外見だけでなく内面も)

それと、筋肉が発達し男らしくなっていく様も快感なので、やはり男がいい。

男は「闘う性」と言われるが、まさにその通りである。
とにかく同性である男が目の前に現れると、「やつに勝ちたい」ということばかり思えてくる。
もちろん大人だからいろんな話をする。でも本音は勝ちたいのだ。
そもそも雄の出だしは数億の競争で勝ち抜いたことに単を発する。
闘うことは雄の遺伝子に組み込まれているようだ。

闘いは厳しい。でも闘わない性になりたいとは思わない。
でもさすがに56年も闘ってきたら、少々疲れてきた・・・(^^;
誰かが「もう闘わなくていいよ」と保証してくれたら、それに甘んじたい自分も居たりする。

でもまだまだ女に生まれたい、というところまではかなり遠い気がする。

その割には男は強くない。いや、弱い。
弱さを感じるのがいやだから次の闘いに挑む、という感じだ。
挑んでいる間は弱さを感じている暇がない。

最後に。
「もし女だったら(仮定法過去)、こういう戦略を取るだろう」という考えがないわけではない。
でもそれは死ぬ間際にごく親しい友人にちょろっと話すぐらいにしたい。

今日のおまけは、2011年の下の娘の成人式で。
2011-01-09 成人式

なんとこの翌日にがんが見つかった。
そのせいか、結構やつれた顔つきだ。
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 女も闘っていますよ。男が判らないだけです。
 そんな争いに疲れて男になりたいと思っていましたが…

ひねくれくうみんさん

こんばんは。
女も闘う。
その意味わかる気もするのですが、やはり本質的には違うような気も。
機会があればじっくり聞かせていただきたいですね。

仲良し親子♪

ST Rockerさん こんにちは(#^.^#)
娘さんと2人でお写真 微笑ましいですね♪ チラッと見える娘さんの口角の上がり具合が 嬉しそうですね♪

男性社会は、お仕事大変そうで 男性の皆さんを尊敬します。家族を守る力強さが必要だったり。
桜ようかんは、女性が良いですが、、、母親では無い独身女性になってみたいです。

桜ようかんさん

こんばんは。
ありがとうございます。
はい、お恥ずかしい限りですが(笑)
たしかに娘たちはよく笑いますね。
僕も最近はよく笑うようになったですよ。
桜ようかんさんも息子さんとのお写真拝見したいなあ。

桜ようかんさんはお母さんとしてもお仕事も頑張り屋さんですね。
次は独身の女性。いいんじゃないですか。

性の違い

STRockerさん、こんにちは(^^♪
今回、STRockerさんの記事を読んで男と女を考えてみました。
何故2つの性しかないのか?選択肢が極端に少ないから色々
と制御がでてくるのでしょうかね?脳や肉体の違いなどで
差別や憧れや嫉妬などが生まれるんですかね?
う~ん。考えるとキリがないですわ(;´∀`)
私は次生まれ変われるなら…どっちでもいいです!
性は生なんですよね!
2011年に癌になられてたんですね。大変でしたね。
無理はなさらないでくださいね!

潤さん

こんばんは。いつもありがとうございます。
今日おっしゃったこと、ほんとに同感です。
性はわずか2種。そしてなぜ2種なの?

以前このブログで、性の種類のもっとたくさんある生物の話をし、人間ももっとたくさんあってもよい、と書きました。
よろしければカテゴリ「科学」のところの過去記事をご覧ください。

ぼくは「がんになった方が人間幸せになれる」という考え方です。ブログでも随分書きました。
お気遣い、ありがとうございます。

16:59のコメントの方

管理人により商用目的のコメントと判断し、削除させていただきました。ご了承ください。

競争心とソリタリー

こんにちは。

男女による差とは最大公約数であり全てを語ることは出来ないですし、そもそも人間を男女の2種類で分けるのにも疑問、というのは脳科学の進歩のお蔭であり、日本が宗教的縛りのない国であるからこそかな?なんて思いました。
法律上は2種類でも、感覚的にはもっとあっても良いのでは?とは、例えば厳しいイスラム社会ではありえないんでしょうから。

さて、私としては性別による差というよりは、群れたがるタイプか、一人が好きかという性格による差を感じています。群れたがる人は自ずと他人との差を意識せざるをえないと思います。常に自分の立ち位置とかランクを気にするから、競争しようとする。

最近知ったのですが、一人での活動を好むソリタリーな人々は、他人のしてることに興味がないので、競争心も薄いそうです。多分自分はこっちのタイプかなと思います。

http://digitalworld443.blog.fc2.com/

>「もし女だったら(仮定法過去)、こういう戦略を取るだろう」という考え

知りたいです!
男性視点からの「もし女だったら」の戦略!
今すぐ私たち女性の役に立ちそうなのに~ どうして教えてくれないのかしら。
いけずぅ~。

yuccalinaさん

こんにちは。
返信が遅れてすみません。
いつもコメントありがとうございます。
性別と人間の特性との関係を一義的に関連付けられない点、あるいはやりたくてもできない場合がある点、同感です。
いろんな制約がありますね。

行動学的な面から人間の特性を研究していくのもおおしろいアプローチですね。

またいろいろお話を聞かせてください。

やぢまさん

こんにちは。
こう暑いとかえって楽しくないですか? なんちゃって。
はい、おっしゃることごもっともです。
でも、もう少しお待ちいただけますか。
今んとこかなり浅はかな考えなもんで。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード