久しぶりの経済オーバービュー

みなさまおはようございます。
お盆休みいかがお過ごしでしょうか?
お仕事の方もいらしゃると思います。大変ですね。

このところご無沙汰し失礼しました。
久しぶりの経済記事です。
----------------------
僕のブログでは少し前には政治・経済の記事をたくさん書いていました。
でもどうも最近筆が進まないのです。
どうも民主党政権時代の方が日経等の新聞も経済に関する元気な論調が多かった気がしますし、僕自身も書く意欲が大きかったような気がします。
気のせいかもしれませんけど。

最近の世の中の経済の論調としては概ね「アベノミクスは成功。しかし第三の矢(=成長戦略)がまだまだ」といったところでしょうか。
この基本理解はよいのかどうか。
少し専門的な本を読みたくなりましたので、野口悠紀雄先生の「期待バブル崩壊 -かりそめの経済効果が剥落する時-」(2014.2.27第1刷)を買いました。
DSCF2742[1]

野口先生は「超勉強法」のシリーズで有名です。
でもそれよりも専門の経済の解析でもかなり実力のある先生だと思います。

この本は、アベノミクスの検証を先生の専門性からじっくり解析しているのと、日本経済の真の発展には何が重要かの提言を行っています。
まだ、全てを詳細に読んでいませんで、一部は斜め読みの状態です。でも大体先生の説かれるところがわかりました。
やはり期待にたがわずよい本でした。
一方、言うまでもなく1つの本のみに傾倒するものでもありません。

そんな中でこの本の言わんとすることを僕の見方でまとめてみます。

・アベノミクスは金融緩和の面(=期待経済)では成功したものの、実体経済は成長している図式はない。日本経済の実態は基本はバブル以降、衰退傾向である。
・期待により実体経済を本質的に動かすことはできない。
・そもそも実体経済と期待経済は互いに連動し合うものだが、最近の日本は連動しなくなっている。
・公共事業推進と住宅の駆け込み需要により一見実体経済が上向いたかに見えるが、瞬間的なものに過ぎなく、持続性がない。
・実体経済がよくなっているならGDPは向上するはずだし賃金も上がる。しかしその兆候はない。日本企業の体質も今後成長を持続させるような大きな特徴がない。
・イギリスなど、かつての経済凋落国が見事に復活したのは、基礎研究が強いという理由もある。
・日本もiPSやSTAP細胞(注:この本はSTAP問題が発覚する前の発行)という頼もしい力があるし、対外資産も非常に大きい(ただし運用がよくない)ので、持続性成長の礎はまだまだある。
・燃料の輸入の増大等により貿易赤字である。だからと言って原発を増やすのもコスト的には疑問だ。大きな付帯費用がかかるので。
・貿易収支や経常収支がマイナスでもあまり気にすることはない。アメリカのように外国からの資金の流入を豊富にすればよい。そのための国や経済戦略としての”信頼”を築く必要がある。
・日本の場合製造業が伸びる戦略は難しい、サービス業を伸ばすべきである。電子商取引とか。消費も伸ばすべきである。

要するに、アメリカのように、基礎研究や、ITを中心とした強力な(無形の)ビジネスモデルの強い基盤を築き、海外から豊富な資金を呼び込むような戦略を取ろう、というのが野口先生の提言です。

僕は、いろいろな物の状態をよく「ダム」に喩えます。
例えば国の経済状況もダムで喩えます。
強い経済とは、ダムの貯水量が多く、水質もよく、水もどんどん貯まる方向であり、漏れもなく、さらには高低差もあり、放水により大きな仕事ができる・・・そんなダムだと思います。
アメリカのように経常収支はマイナスでも海外から豊富な資金が集まる状態とは、ダムで言えば、川から流れ込む水よりも出て行く水の方が多いけど、雨とか何らかの手段で水がガバっと調達できる、そんな状態だと思います。

アベノミクスは実体経済にどれほど加担しているのか。
野口先生の解析は非常に厳しいものです。
たとえそこまで厳しく見なくても、いずれにしても第三の矢(成長戦略)は必要なことです。

やはり基礎研究。
そして日本の強いビジネスモデル。
エネルギー戦略。
和や集団智(僕の造語です)やおもてなし道
粘り強く人間視点の改良、工夫

そういったことでしょうね。

今日のおまけはサルサとコーンチップス。
以前米系企業にいた時、アメリカ人が食前のおつまみとして大好物で食べていました。
たしかにビールが進みます。
昨日、チェーンのアルコール飲料系ストアでチップスを買おうとしたら「生(き)」のコーンチップスがなく全て味付けでした。
しかたなくアボカド味のチップスを買ったら、サルサに合いましたよ。

ビールも進みました(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

しばらく更新されていませんでしたので、心配しておりましたが、お元気そうで安心しました。
暑い日が続いておりますので、お身体をご自愛くださいませ。

No title

ST Rockerさん、お久しぶりで~す♪
お盆休み、いかがお過ごしですか?
ポテ子は相変わらず仕事ですが(^_^;)

野口さんも素晴らしい先生だと思いますが
ポテ子はST Rockerさんの経済のお話大好きですよ(*^_^*)

経済についてもド素人ですが、
ポテ子はアベノミクスなんて一時的なものだと思ってました(^_^;)
株価が上がったって、給料が上がらないんだから
消費が上向きになるわけがなく、GDPだって上がらないですよね。

ST Rockerさんの考えるダムのお話ももっともだと思いますが
ポテ子もダムって、もっと長期的な視野で作るべきじゃないかなと。

少子化が進み、高齢化が進み、労働人口の減少こそ、
なんとか歯止めをかけないといけない問題な気がします。
年金で暮らせるなんて誰も思ってないでしょう(ーー゛)
労働人口が減って、経済が活性化するわけがないと思うんですけど(^_^;)

働き手があっても働き場所がなければどうしようもなく
新たな無形のビジネスモデルというのが
今後とっても重要ですね~(*^_^*)

そら太朗ママさん

こんばんは。
ご心配いただきすみませんでした、そして、ありがとうございました!
暑いですが元気でやっております。
そら太朗ママさんも引き続きご自愛くださいね。
またお邪魔します。

ポテ子さん

こんばんは。
こちらこそお久しぶりです。
ポテ子さん盆休みなのにお仕事!?
それはそれはとっても頭が下がります。
日本もそのような方々により支えられていますね。
僕は盆休みはまあまあですよ。
フィジカルなことも少しやりましたしね。

経済のお話、ご興味いただきとってもうれしいです。
ポテ子さんこそ普段からいろいろお考えになっていらっしゃるようですね。
持論をお持ちの方と推察いたします。

ポテ子さんの持ってらっしゃるアベノミクスの感覚はその通りだと思います。
野口先生の本はそれに関して具体的なデータ、情報から解説していますよ。
もし機会あれば是非読んでみてください。

そしてさらにポテ子さんは労働人口の減少と働き場所がなくなることを問題として取り挙げておられますね。
たしかに大変重要な問題と思います。
おっしゃるように基本はビジネスモデルをしっかり築くことでしょうね。
僕としてはさらには、従来「劣る」とされてきた年配の方々の能力の活用もしっかり考えるべきだと思います(ブログでも以前書きました)。

いずれにしても、今後最も大事な点ですね。
プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
ご気楽にコメントください。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
Number of visitors
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード