FC2ブログ

ああ、なんと奥深い"alternative"という単語

みなさまこんばんは。
たまにちょっと雨が降るものの、全般的にとてもよい天気が続きますね。
そして季節はまさに晩秋。朝晩は大分冷えるようになりました。北海道では雪が本番となり始めました。
お元気でしょうか?

英語をテーマとした記事は人気がないのはよくわかっています。
でもワタクシ、あと何年生きられるか知りませんが、人生の残り時間もそんなには多くはなくなってきた(注:病気に罹っているという意味ではありません、念のため)ので、これからは人に合わせることよりも、自分の言いたいことを優先に書きたいと思います。

英語が人気がない最大の理由は、そもそも英語に喜びがあるということが教えられることが少なく、ネット等においても啓蒙がほとんどされていないことによるものと思います。
英文のブログや日本語英語併記のブログはありますが、英語そのものの喜びを伝えているブログはあまり多くはありません。
また、以前記事にも書きましたが、英語を高度に習得した人のみが英語を堪能できるものだ、という誤った思い込みが多くの人にあることも、人気のない理由の一つと思います。

一言で言うと、英語=スポーツと考えてください。
習得度に応じた楽しみ方、その人の置かれた立場なりの楽しみ方、文化込みでの楽しみ方、などなどが、スポーツ同様に英語にもあるということです。

スポーツをやったことによる快感、喜びが英語にもあるのです。
そして、スポーツの習い方・教え方が全く一様でないのと同様に、英語のそれも一様であってはならないはずです。
ただ、基礎的な部分はそれなりの集合教育でやることに意義はあります。

日本の英語教育の最大の問題は、単語と単語、文と文を、一対一で対応させて機械的に変換する教育をやり過ぎてしまったことだと考えます。
この対応関係を覚える苦しみの先には単に「英語ができる」という状態があるのみです。
そして、対応関係を覚えるだけなので、そこには何の喜びもありません。

では、英語の喜びとは一体何なのか。
それを伝えたいからこそ、今までこのブログで書いてきたのです。
お時間のある方はぜひ、カテゴリ「英語」の過去記事をご覧ください。

今日は、英語の単語を文化的に理解する喜びについて、ほんの一例を挙げて書いてみます。

前述しましたように、英語の単語と日本語の単語、あるいは英語の文と日本語の文は機械的に変換できるものではありません。
そもそもそういう発想からフリーになるべきです。
単語や文を文化的に捉えてみること。それが英語の喜びを知る大きな足掛かりの一つです。

中でも僕がお勧めする英語の喜びの一つは、日本語には相当する単語が存在しない英語の単語について、自分なりの文化的解釈をすることです。
もしそれができたなら、どんなに音楽を楽しんだ場合よりも、どんなにおいしい物を食べた場合よりも、そしてどんなにおもしろいテレビ番組を観た時よりも、知的興奮という快感が得られることでしょう。

厳密に言えば、ほぼ同じ意味と思われている単語(または文)でも、英語と日本語とでは微妙に違う場合がほとんどです。
例えば、Yesは必ずしも「はい」と同じではないし、Thank youも「ありがとう」とイコールではありませんし、apologizeの社会的意味も「謝罪する」とは微妙に違います。こうしたことは既に過去記事で書きました。

日本人は同じだと思っているが実は意味が大きく違う単語というのもたくさんあります。
例えば、この記事で何度も書いているand。
「”And"を「と」と最初に訳した人は間違いだった」という記事およびその他の記事でこの違いを書きました。
Andは足し算よりも掛け算的意味(よって「かつ」が適訳)で使うのが英語的な用法です。
ですから、「ある2名のブロガーさんの記事から」で書いたとように、エジソンの言葉"Genious is 1% inspiration and 99% perspiration"(天才とは1%のひらめきと99%の努力である)におけるandの解釈は、日本語の「と」とは違い、掛け算ですので、ひらめきがゼロだと天才度はゼロになります。

そして、日本語には存在しない英語の単語というものがあります。
そしてその文化的意味を自分なりに解明した時ほどの快感はこの世には存在しない、と断言できます。

「デフォルトとは本来こういう意味だったのか」の記事では、デフォルト(default)という単語のことを書きました。
この言葉はITその他のいろんな場面で、「初期設定」とか「標準状態」などとして使われます。
一方、ある国の破綻とか、債務不履行の状態もデフォルトと言います。
なぜ同じ言葉なのに、こんなに正反対の意味で用いられるのでしょうか。
記事では、この日本語にはない概念であるデフォルトの謎に挑みました。

さてさて大分前置きが長くなってしまいました。
ようやく今日のお題のalternative(オルタナティブ)です。
動詞のalternateの形容詞形または名詞形です。
よく、「代替(の)」とか「二者択一(の)」という日本語訳が辞書には載っています。

実はこのalternativeも日本語にはない概念です。
「代替(の)」とか「二者択一(の)」というのは近似訳であり、イコールではありません。

先日、うちの会社のある技術者が、欧州の親会社のマネジャーに向けメールで質問をしました。
あることを進めるにあたり、2通りのやり方があるので、どっちのやり方でやるべきかを問うていたのです。
すると、そのマネジャーは、「どちらでもいいから総合的に労力の少ない方法でやりなさい」の意味で"choose the alternative"と回答したのです。

僕は「おやっ?」と思いました。
まずは、こんなalternativeの使い方を見たのは初めてでした。
そのマネジャーはロシア出身で、現在は欧州の英語を母国語としていない国に住みます。
英語ネイティブではないのですが、十分な経験を積んでいるために、ネイティブ並みの英語を使えます。

これまで僕は、アメリカ人がalternativeを使っているのを見たことは何度かありますし、自分でも使ったこともありました。
多くは、A案という既存の案に対する「代替」案としてのB案、のようなalternativeの使い方でした。
つまり、A案を別のB案にスイッチするようなイメージでした。
ですので、今回のマネジャーの使い方はすごく異質に見えたのです。

そこで、僕は15分くらいの時間で足早にネットでalternativeを調べ、研究しました。
すると、僕のこれまでのalternativeの理解の仕方は誤っていることに気付きました。
僕のこれまでの理解は、substrate((一部)置き換える)やreplace(取り替える)の感覚でした。
日本語では、これらもひっくるめて「代替」と言ってしまいますから。

わずか15分でしたけど、alternativeは、AとBという2つのことの「どっちでもいい」というニュアンスが正しいようでした。
あるいは「どっちもどっち」のようなニュアンスも含むようです。
さらに踏み込むと、「行き来可能な」という発想が、本来このalternativeにはあるように僕は感じました。

そしてさらに思いを巡らせました。
電気の交流は英語ではalternating currentといいます。
電池のような電気はプラスとマイナスが常に一方向ですが、交流はプラスとマイナスを行った来たりします。
家庭用電源100Vは、1秒間に50回、プラスとマイナスを行き来します。(西日本では60回)

ああこれだな!と思いました。
そうです、alternativeとはこんな状態なんだ、と膝をポンと打ちました。
だから、マネジャーの言うchoose the alternativeとは、オプション1でもオプション2でも、どっちもどっちなんだから、どっちかに決めちゃいなさいということだと、自分なりに解釈完了しました。

そう考えると、動詞alternateの本来的意味も見えてきます。
「代替する」とか「選択する」ということとイコールではなく、「どっちでもよい存在となる」ニュアンスを醸し出しているのでしょう。

そして、では英語にはなぜこういう概念としてのalternateという単語が必要だったのかをさらに考えれば、さらにおもいしろいでしょう。

テーマ : その他
ジャンル : その他

既存体制をぶっ壊す!

みなさまこんばんは。
今日は雨でしたけれども、このところ素晴らしい天気が続きました。
お元気でしょうか?

60を過ぎても常にクリエイティブでありたい。
無から有を生み、困難を乗り越えたい。
自分がアップし、そして人々を幸せにしたい。

そんな気持ちで少しずつ生きています。
手応えはあります。
人々の喜びや感動、そして感謝を真に受けます。
つらいことも多いけど、得られるものが多いから、自らの困難に挑戦することができるのです。

「NHKをぶっ壊す」の掛け声で有名なN国党党首の立花孝志さん。
そして、N国党の”アンチ枠”で参院選千葉選挙区から立候補し、その後考えを少し修正してN国党シンパになり、地方選を狙う、さゆふらっとまうんどこと平塚正幸さん。

この2人の魅力的なユーチューバーのことは、今年7月12日の記事「立花氏と平塚氏、圧巻の政見放送(!?)」で書きました。
2人とも、とても魅力的ではあるけれど、一方では型破り過ぎて、普通の集団や人の和の中にそのままうまく入っていくタイプの人ではありません。
平塚さんは、少し前からN国党の中の数名の人たちと激しいバトルを繰り広げており、それをyoutubeで公開しています。
一体どうなることでしょうか・・・。

世の中が既にゼロ成長になってから久しいです。
資本主義は、基本的に市場が青天井でないと成立しないと考えます。
だから、資本主義そのものが再考の時期に来ているのです。

根幹的な解を考えるはもちろん重要ではあるけれど、その一方で一つ一つの矛盾した「体制」をぶっ壊さないといけません。
例えば、僕の例で言えば、会社の再雇用制度。

60~65の社員を”お払い箱予備軍”として、給料を半分にし、役職も与えない制度です。
でも僕の場合、60までの仕事の内容と責任と期待は全く変わっていません。それどころか、さらに大きくなっています。

ですので僕は、10歳下の上司をたまに吊し上げ、人事にも意見を言っています。

ではみなさま、立花さんや平塚さんのように叫びましょう。
さあ構えて!
「既存体制をぶっ壊す!」

テーマ : その他
ジャンル : その他

知る人ぞ知る”ザ・バッド・ボーイズ”

みなさまこんばんは。
11月になり秋本番ですね。
お元気でしょうか?

みなさまは、ザ・バッド・ボーイズという1970年代の日本で活躍したバンドをご存知ですか?
4人編成のロックバンドです。
ビートルズのコピーで有名でした。

ルックスと楽器はビートルズの中期くらいにそっくりでした。
見た目だけでなく、ビートルズの曲の演奏はうまく、そしてビートルズの雰囲気をとてもよく出していました。

当時、ビートルズの曲を演奏していたバンドやミュージシャンは多かったのですが、彼らほど見た目も演奏も似ているバンドはありませんでした。
実力のあるバンドはオリジナルをやりたがり、ビートルズをカバーするにしても自分なりのスタイルへモディファイしようとします。
よって、ビートルズの曲をうまく演奏するということは一種のジレンマでありました。
ザ・バッド・ボーイズは本当はビートルズのコピーだけをやりたかったのではなかったのです。

1975年、高校3年の夏休みに池袋のあるデパートの屋上で、ザ・バッド・ボーイズの無料コンサートをやるというので、受験勉強の骨休みも兼ねて観に行ってきました。
彼らをはじめて生で見たのです。

ビートルズのいろんな時期のいろんな曲をとてもたくさん演奏していました。
17歳として本当にしびれました。
最後にオリジナル曲を披露しましたが、それもよかったです。

そんな中、ベースの人が目を引きました。
ポールと同じバイオエリンベースを弾きながら、ポールのパートを歌います。
うまかったです。
そして構えがよかったので、印象に残りました。
その方は清水仁さんという方でした。

ところがザ・バッド・ボーイズは、あのデパート屋上コンサートから間もなくして解散してしまったのです。
本当にがっかりしました。

そして数年が経たでしょうか。
僕はひょんなことから清水仁さんのお顔を発見しました。
なんとオフコースのレコードジャケットでした。1979年のことです。

ああ、清水さんはオフコースに入ったのだな。
実力を買われたことは想像できてうれしかったけど、ちょっとジャンルが違い過ぎるじゃないかと思いました。
その後、清水さんはオフコースのベーシストとして、そしてコーラスとして活躍しました。
10年間オフコースにいました。

僕は正直、ザ・バッド・ボーイズ以降のビートルズのコピーバンドにはイマイチなものを感じてしまいます。

そんなザ・バッド・ボーイズの実力がわかる音源を紹介します。
ビートルズらしさがとても出ています。

テーマ : Rock
ジャンル : 音楽

翻訳家という職業は間もなく存在しなくなるかもしれない

みなさまこんばんは。
千葉県がまた大きな災害に遭ってしまいました。
被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

しかし、だからと言って、千葉が危険な地域であるとか、この異常気象は地球温暖化のせいだとか、そんなことはありませんので、ご安心ください。

では今日は早速本題へ。

最近世の中では、「AIに取って代わられる職業は・・」なんていう話題が増えている。
正直、僕はこの話題は好きではない。
ネットが人間の交流を改革している、という話題などと似ている。
本質を語ることが少なく、興味本位が先行するからだ。

ところが、そうも言っていられない事態に最近遭遇した。

僕は仕事上、日本語を英語にすることが多い。その目的や内容は様々だ。
先日、ある日本の特許を英語に訳す必要があった。
僕は比較的その手の仕事に自信を持っているのだが、難しい内容のものはやや時間がかかる。
その特許の英訳もそれなりに時間がかかることが予想された。

すると、それを見ていた後輩の一人が僕に言うのだ。
「STさん、Google翻訳(無料)なんか使ってみたらどうですか? AIを採り入れたことで質がすごく上がっていますよ。一応それで先方に出してみて、先方がもし不明点があれば答えるというのはどうでしょう? 時間もめちゃめちゃ短縮できますし。」

それを聞いて僕は「そんな訳ないじゃん」と咄嗟に思った。
何年か前にサービスが終了したYahooの機械翻訳のひどさを思い出したからだ。
あれは本当にひどかった。
英語を覚えたての中学生か高校生が、一語一語、和英辞典を引きながら無理やり作文したみたいな文章だったからだ。
要するに前後関係を全く読み取れない、幼稚もいいところの英語だった。

でも、後輩があまりに勧めるので、騙されたと思ってやってみた。
そしたら、そしたら。
何と、めちゃめちゃめちゃ、すごい出来だったのだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これはいくら強調しても足りない。
地球上のあらゆる形容詞を持ってきても足りないくらいの素晴らしい出来。

はっきり言って、点数で言えば90点。
前後関係の解読も85点。
特許とかの高度な文章も、ほぼ完ぺきな英語となった。それを専らとする人に対しても十分に通じる。
単語の誤訳はほとんどなし。しかもほとんど適訳。

その関係の翻訳家の専門の人よりは多少落ちる程度であり、ふつうの翻訳がうまい人よりは確実に上手だ。
はっきり言って、全く使える。

ただし、問題点がない訳ではなかった。
でもそれは簡単に修正ができる程度。
仮にそのまま出したとしても、後輩の言う通り、不明点だけ質問を受けることでも全然問題がないだろう。

これが翻訳におけるAIというものか!
こりゃ仕方ないわい。

このGoogle翻訳が登場する前から既に翻訳業は汲々としていた。
仕事上で英語翻訳を時々やってもらう翻訳業者さんがいる。
全て気鋭の日本人スタッフであり、英訳の質は極めて高い。
でも、その女性社長さんがよく言うのは、日本では既に価格破壊が進んでしまって、東南アジアや中国の日本語→英語翻訳業者に太刀打ちできないそうだ。
そこへ来て無料のGoogle翻訳が登場したのだから、苦しさに拍車がかかってしまっているだろう。

特許に携わる人しかご存知ない話題で恐縮だが、外国メーカーが日本に出願した特許の明細書の日本語ほどひどいものも珍しい。
出願代行を請け負った日本の特許事務所がもっとちゃんと日本語への翻訳を、なぜ頑張らないのか、不思議に思っていた。

すると最近、その手の事情通の人が言うには、特許事務所はまず機械翻訳で日本語化したものをそのまま特許明細書として出してしまうそうだ。
そして特許庁からもし拒絶理由通知(何らかの補正をしないと特許を与えませんよ、という通知)が来たら、そこで初めてちゃんとした訳(問題箇所のみ)に補正し、内容も補正するそうだ。
だから、あんな恥さらしの明細書の日本語も、ひたすらコストダウンと時間短縮のため。

でも、Google翻訳が登場したのだから、あのひどい日本語もこれからはお目にかからなくなるだろう。

翻訳業の方々にとっては誠に厳しい時代になった。
ではどうするのか。
僕は言いたい、人間よAIに負けるな。
AIにできないことがあるはずだ。
それを提供できる翻訳家になれ!

ということは、それができる人間にとっては、むしろビジネスチャンスだ。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

ゴーストライター業(マジなお話)

みなさまこんばんは。
今日のおごそかな儀式、冷雨の中でしたけど、無事執り行われました。

今日は、内容が内容だけに要約なしで失礼します。

続きを読む

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

プロフィール

ST Rocker

Author:ST Rocker
ビートルズ解析ブログへようこそ!
つくば-千葉-さいたま の三角形を行き来していますす。
モットー:理系なのに熱く音楽、政治・経済を語る。
酒と冒険と音楽をこの上なく愛し波乱万丈の人生を送るB型です。
コメントは本筋に沿ったものをお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
Number of visitors
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
最新トラックバック
QRコード
QRコード